7月の訪日外客数は単月で過去最高、中国人が100万人を突破!

7月の訪日外客数は単月で過去最高、中国人が100万人を突破!

JNTO、7月の訪日外客数を発表

日本政府観光局(JNTO)は8月21日、7月の訪日外客数(推計値)を発表。アジア一部地方で減少が見られたものの、全体的には前年同月比5.6%増となり、単月として過去最高を記録しました。

7月の訪日外客数(推計値)

7月の訪日外客数(推計値)

7月は前年同月比5.6%プラス、13市場が増加

2019年7月の訪日外客数は、299万1,000人。前年同月の283万2,000人より16万人多い結果で、単月としては過去最高となりました。

地域別の割合は東アジアが76.5%、東南アジアが7.9%、欧米豪が11.4%です。東アジアでは中国が前年同月比19.5%の増加で、105.1万人と100万人を突破しました。

東南アジアではフィリピンが30.5%、ベトナムが21.8%、欧州ではロシアが15.9%、スペイン17.2%増加となりました。ほかにもインド、豪州、米国など13市場が7月の過去最高を記録しています。

社会情勢の悪化と他地域への需要

一方で減少したのは、東アジアでは韓国で前年同月比7.6%、台湾が0.3%、香港が4.4%。東南アジアではマレーシアが0.4%、インドネシアが4.9%減少しました。

経済や社会情勢の悪化、航空会社のストライキや座席の減少など各国の事情の他にも、他のアジア地域への旅行が増加し、選択肢が広がっていることなどを要因にあげています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://www.jnto.go.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。