免税売上高発表・客数は減少するも購買単価の増加で売上は上昇

日本百貨店協会の集計

日本百貨店協会は、8月21日に2019年7月期の「免税売上高・来店動向」を発表しました。購買客数が減少したものの、免税総売上高は前年同期比104.3%と好調な結果を示しています。

7月の免税売上高・来店動向

7月の免税売上高・来店動向

総売上高は約281億3,000万円

同調査は、全国のインバウンド推進委員店93店舗から集計しています。2019年7月の免税総売上高は、約281億3,000万円。前年同月比103.4%となり、6か月連続でプラスとなりました。

一般物品の売上高は、約162億4,000万円で前年同月比100.6%、化粧品や食料品などの消耗品売上高は約118億9,000万円となり、107.3%のプラスです。

購買客数は前年同月より96.3%と減少し、約44.1万人。2か月連続の減少です。アジアの通貨・為替レートの変動が要因と推測しています。一方、一人当たりの購買単価数が107.3%と上昇、約6万4,000円でした。

手堅い人気の化粧品、チャンスロスも

人気のあった商品は、第1位が「化粧品」、2位は「ハイエンドブランド」、3位「食品」、4位「婦人服飾雑貨」、5位「婦人服」でした。化粧品の欠品により、チャンスロスが発生していると指摘しています。

外国人を国別で見ると、1位は「中国本土」、2位「香港」、3位「台湾」、4位「韓国」、5位「タイ」、6位「シンガポール」、7位「マレーシア」となっています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本百貨店協会のプレスリリース
https://www.depart.or.jp/press_release_other/cat/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。