サイト多言語化サービスのWOVN.ioとは | インバウンド需要に適応したサイト運営のためのツール・メリット・導入方法・事例も解説

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

インバウンドサービスを行う企業にとってWebぺージの多言語化は必須です。Webサイトの構築や変更には費用も時間もかかります。また、会社内にWebページを多言語化できるスタッフが十分にそろっている企業はまだまだ少ないのが現状です。

Webぺージ翻訳の外注先選定は、大事な会社の顔であるWebページが対象となることもあり、非常に慎重になります。こうした重要な任務をこれまで数多くこなしてきたのが「WOVN」です。

この記事では、今年6月に14億円の資金調達に成功したWovn Technologies(ウォーブンテクノロジーズ)が提供するWOVN.io(ウォーブンドットアイオー)について紹介します。


インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)とは

WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)は、Wovn Technologies(ウォーブンテクノロジーズ)が提供するWebサイトの多言語化サービスです。

またWOVN.app(ウォーブンドットアップ)ではアプリを様々な言語に多元化できるサービスを提供しています。

企業のWebページは会社の顔であるのでWebサイト・アプリの翻訳内容が趣旨と異なるものになっていたり、会社の企業イメージと祖語のある表現になったりしてしまうことは問題です。

WOVN.ioが支持される理由には、複数の翻訳方法を組み合わせて、より正確で高品質な翻訳を提供している点にあります。

多言語化に関わる様々なサービスを提供

Webページ・アプリの翻訳では、人的、時間的、費用的なコストがネックです。

WOVN.ioは今使っているWebページのページに後付けで導入することができるので、多言語化のためのシステム開発及び人的な労力コストを大幅に削減できます。手間がかからずに導入できて様々なサービスを受けられます。

WOVN.io導入でできること

では実際にWOVN.ioの導入にはどのような良い点があるでしょうか。一つずつ解説します。

【開発工数の削減】

すでに存在する企業のWebサイト・アプリをそのまま多言語化できるので、各言語ごとの開発が不要で、人的コスト及び開発費用を大幅削減することができます。

【最適な運用】

多言語化対応のエンジニアを置かずに、Webサイト・アプリのテキスト翻訳、修正が可能になります。そして、リアルタイムで更新情報を翻訳するため最適な運用が実現できます。

【高品質な翻訳の提供】

より高品質な翻訳を実現するために、複数の翻訳方法を組み合わせた正確で高品質な翻訳の提供を受けることができます。

導入方法は?

WOVN.ioでWebページを多言語化する際には、WOVN.ioの管理画面から対象ページの翻訳と公開を行い、そして、WOVN.ioの管理画面と実際のWebページを結びつける作業が必要になります。

WOVN.ioの管理画面と実際のWebページを結びつける方法には複数の方法があり、それぞれでWebページの多言語化の作業工程に違いが出てきます。

WOVN.ioでの翻訳には簡単なHTMLの知識が必要となりますが、基本的には。3~5分程度でWebページの翻訳が始められます。まず会員登録を完了し、その後翻訳したいWebページのURLを登録します。

利用者の評判は?メリット・デメリットを紹介

会社の顔であるWebサイト・アプリをWOVN.ioを使って多言語化するにあたっては、導入後の評判が気になるところです。

せっかく多言語化してもWebページの内容の趣旨をうまく読み取らずに多言語化してしまっては翻訳する意味がありません。WOVN.ioの利用者の評判、メリット・デメリットを見てみましょう。

利用者の評判は?

メリットとしては、個別に指定した部分翻訳ができ、かなり高い精度で翻訳文を表示することができることや、コードを挿入するだけで導入も簡単にでき、ページの個所によってプロ翻訳を頼みたい時にも、サービス内容に含まれていることです。

デメリットとしては、ページの閲覧数によっては、以前提供されていた無料翻訳プランが廃止されたため、まずは無料で試してみることが難しい点です。

WOVN.ioとの企業の提携事例を紹介

実際にWOVN.ioを活用して、自社のWebページの多言語化を実施している会社にはどのような企業があるのでしょう。実際の導入例を見ていきましょう。

WOVN.ioと山形銀行が業務提携

山形県ではインバウンド観光客が年々増加しており、2017年には外国人観光客の受入れ延数が19万1,000人(前年比49.8%増)、外国人観光客宿泊者数が11万7,000人(前年比33.6%増)を記録しました。

また、山形県内企業の輸出額も2016年で83,827万円(前年比2.5%増)と増えてきていて、海外市場の重要性が高くなってきています。

現在の山形県内企業の動向に合わせて山形銀行ではWOVN.ioと業務提携を行い、山形県内企業のインバウンド需要対策や海外ビジネス対応への強化に答えるために、支援体制を構築して強化を図っています。

SHIBUYA109がサイトをリニューアル

SHIBUYA109は2016年10月にWebサイトをリニューアルしていますが、このリニューアルでWOVN.ioを導入しています。これにより、Webサイトに日々追加される商品情報を自動翻訳して公開しています。

リニューアル後は、海外からアクセスする顧客のWebページ利用率が大幅にアップしています。

実際のショップでも訪日外国人の接客を店員が行う際に、商品の説明を外国語で行うのが難しい時には、ECサイトのWebページを使って素材の説明などをすることもあるそうです。

多言語化したサイト作成で効果的なインバウンド対策を

WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)を利用してWebサイトを多言語化することで、多言語化システム構築にかかる費用・労力を大幅に削減することができます。

今後インバウンド需要の増大を見込む事業者はますます増えてくると考えられます。こうした際に、Webページ・アプリの多言語化は必須と言えるでしょう。

WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)やWOVN.app(ウォーブンドットアップ)でWebページ・アプリを多言語化して、効果的なインバウンド対策を図りましょう。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」


コロナ禍の収束後、インバウンド需要が順調に回復を続ける中、唯一回復が大きく遅れていた中国市場。

一方、ここ数か月の間は訪日中国人客数が順調に回復してきており、訪日旅行消費額も2024年1〜3月期では台湾を抜き、1位となったことがわかっています。

今、中国市場がどのような動向になっていて、今後どうなっていくのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は訪日ラボから、複数の中国SNSで在日中国人インフルエンサーとしても活動中の熊 孟華(ユウ モウカ)と、中国最大級の店舗・施設検索プラットフォーム「大衆点評」などを活用した中国向けプロモーションのコンサルティングを行う金子 泰士が登壇。

中国SNSや訪日プロモーションの「プロ」である2人が、気になる中国市場の最新トレンドについて語り尽くすセミナーをお届けします。

中国向けのインバウンドプロモーションに取り組んでいる方や、これから取り組もうとしている方は必見です!

詳しくはこちらをご覧ください
日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに