行政書士プロデュースのアプリが外国人の就労をサポート:人材サービス×ビザ取得診断

アスカ✕パスウェイのサービス連携

株式会社アスカは8月29日、株式会社パスウェイとのコラボレーションを発表。外国人向けの求人情報と、就労ビザ取得可否診断を連携させ、外国人の就労をサポートします。

「アスカ」✕「パスウェイ」

「アスカ」✕「パスウェイ」

1つのアプリで求人と診断が可能に

パスウェイは、9月17日に就労ビザの取得可否が診断できるアプリ「VISA PARK」をリリースする予定。ビザ取得を専門とする行政書士のプロデュースで、スマホで簡単に検索でき、ビザ申請に関する専門家への相談も無料で行えるサービスです。

一方アスカは、外国人向け求人情報サイト「Jobs Nippon」を運営。外国人・グローバル人材を受け入れる国内企業2,000件以上を有し、翻訳・通訳、海外営業、マーケティング、語学教師など様々な求人を扱っています。

今回、両社がサービス連携。「VISA PARK」アプリで、仕事の検索とビザ取得診断の両方を行うことが可能になります。対応言語は日本語・英語となっています。

人材不足と外国人の需要

東京商工リサーチが10,353社の企業に行った調査によると、外国人を雇用、または雇用の検討をしている企業は42%。

人手不足と回答した企業は約7割に及び、外国人労働者の受け入れ・需要が拡大する見込みであることから、今回の連携を実現。外国人が働きやすい環境の整備に取り組んでいます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社アスカのプレスリリース(Value Press)
https://www.value-press.com/pressrelease/227112

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。