「日本語教育」から外国人受け入れの最新状況を理解するマガジン「日本語」アルクから発売開始

「日本語教育」から外国人受け入れの最新状況を理解するマガジン「日本語」アルクから発売開始

「外国人受け入れ」と「日本語教育」の考え方を知る一冊

株式会社アルク(以下、アルク)が、「外国人受け入れ」の最新動向や「日本語教育」を理解する新刊「日本語」を、9月6日に発売すると同日に発表しました。

「改正出入国管理法」や「日本語教育推進法」などが施行され、外国人受け入れ環境の整備が進む中、日本語教師の役割や、日本語教育に対する考え方の改善も求められてきています。

そこでアルクは、「外国人受け入れ」の最新動向や日本語教育の現場などを、インタビューやデータなどを通じて紹介する新刊「日本語」発売。多くの人の日本語教育への関心を高めることが狙いです。

新刊「日本語」

新刊「日本語」

特別対談「多文化共生社会における日本語教育の未来」も

新刊「日本語」の第1部では、“外国人材の受け入れと共生”や“数字で見る!外国人労働者”などを、『日本語教師が知っておきたい「外国人受け入れ」最新動向』というテーマで、第2部では、“今、日本語教師に求められること”などを、『日本語教育はどう変わる? 動き始めた外国人との共生社会』というテーマで紹介。

東京女子大学現代教養学部教授の石井恵理子さんと、日本国際交流センター執行理事の毛受敏浩さんによる特別対談「多文化共生社会における日本語教育の未来」も収録されています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社アルク 新刊「日本語」
https://ec.alc.co.jp/book/7019062/

株式会社アルクのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001199.000000888.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。