【新サービス】訪日中のインバウンドに質問できる「Payke Research」で4.5兆円市場を勝ち抜く

「Payke」アプリからユーザーにアンケートを配信

株式会社Payke(以下、Payke)が、インバウンド向けのアンケート調査サービス「Payke Research」をリリースすると、9月12日に発表しました。

Paykeは、訪日外国人向けショッピングサポートアプリ「Payke」を展開する会社です。今回、同アプリを通じて年齢、国籍、性別の他、訪日中のユーザーなどといったセグメントに絞って、アンケート配信が可能なアンケート調査サービス「Payke Research」をリリースします。

「Payke Research」

「Payke Research」

訪日回数や日本製品嗜好性の高さから正確なデータ取得へ

「Payke」アプリのユーザーは、訪日回数や日本製品嗜好性の高さもあり、スキャン情報を基に、より正確なアンケート結果・データが得られることから、インバウンド向けの事業を展開するメーカー企業や小売り企業などの市場分析・トレンド調査にも役立ちます。また、ボリューム分析や競合調査、クラスター分析などにも活用が可能です。

観光庁の「訪日外国人消費動向調査」によれば、2018年のインバウンド数は3,000万人にも上っているとされており、消費額も4.5兆円規模と年々拡大しています。

こうした中でも、日本の企業などは、インバウンドに関する情報収集方法や、消費嗜好性などのデータ取得が難しいという背景から、今回Paykeが「Payke Research」をリリースするに至りました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社Payke プレスリリース
https://payke.co.jp/news/payke-research

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。