【JNTO】2019年8月訪日外客数は前年同月比2.2%減:韓国市場落ち込み&中国市場が引き続き100万人超&ベトナム市場成長中

訪日外客数が前年同月比でおよそ6万人減の252万人に

日本政府観光局(以下、JNTO)が、2019年8月における訪日外客数の推計値を、9月18日に発表しました。

JNTOによれば、訪日外客数の多い韓国市場の減速などが要因となり、2019年8月における訪日外客数が前年同月の257万8千人から、およそ6万人減(2.2%減)の252万人になったとしています。

しかし一方で市場別にみると、中国市場では、前月に続き訪日外客数が単月で100万人を超えたほか、スペイン市場が前年同月比で3.8%増の20,000人に上り、単月としては過去最高を記録しました。

訪日外客数

訪日外客数

15市場で8月としては過去最高の訪日外客数を記録

タイやシンガポール、ベトナム、ドイツ、イタリアなどを含めた15市場で、8月としては過去最高の訪日外客数を記録。そのうち最も伸び率が大きくなったのがベトナムで、2018年8月の34,229人から、27.7%増の43,700人となりました。

前年同月比で、韓国市場は48%減となったものの、中国や台湾の訪日外客数が増加したことで、東アジア全体でみれば、前年同月比で3.2%の減少にとどまっています。

JNTOは、今後もこういった市場動向を綿密に分析した上で、訪日旅行プロモーションを展開していくとしています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。