1.5億人が海外旅行へ!中国人観光客が今したいのは「京都で和装体験」中国人のアウトバウンドトレンド最新情報

海外旅行への意欲の高さがうかがえる結果に

Cross-Border Nextは、9月10日、中国人の海外旅行に関する調査データからみる、最新の中国人のアウトバウンドトレンドを発表しました。

中国人の旅行トレンド

中国人の旅行トレンド

旅行の個性、品質や体験を重視

「中国の文化と旅行部」によれば、2018年は前年比14.7%増の、1億4,972万人が海外旅行に出かけました。

また、海外旅行での消費額が多い都市は、1位が香港、2位がドバイ、3位が大阪。東京、名古屋、京都も10位以内にランクインしており、中国人の日本における消費の多さが見受けられました。

2018年旅行先としては、1位がタイで2位が日本で、日本は近年着実に順位を上げている人気スポットです。

中国の大手旅行会社の報告によれば、中国人観光客は、これまでの旅スタイルとは違い、内容をより重視し、地元の文化を体験できるような旅を求める傾向にあります。なかでも、京都での和装体験は大変人気であることがわかりました。

さらに、他の調査会社のデータによれば、1970年代生まれの人は、旅行サイトで行き先を決める傾向が強い一方、1990年代生まれの人は、旅行収集にSNSなどをフル活用しています。

同社は、これらの結果等を踏まえ、訪日中国人観光客対策には、中国人の海外旅行のトレンドを把握することがカギであると、位置付けています。

(画像はプレスリリースより)
(C)2018 Cross-Border Next, Inc.

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Cross-Border Next プレスリリース
https://www.cbn.co.jp/archives/3140

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。