【エクスペディア】国際スポーツ大会開催地の宿泊動向、宿泊需要は前年同期比30%増!

12都市における宿泊状況

Expedia Group(エクスペディア グループ)は、9月から国際的スポーツ大会を開催する12都市の上半期国内宿泊動向を調査、9月3日に結果を公表しました。訪日外国人の宿泊需要は前年同期比30%増となっています。

12都市の上半期国内宿泊動向

12都市の上半期国内宿泊動向

海外30%、国内30%増

東京都、札幌市、釜石市、熊谷市、横浜市など、全国12都市で9月から6週間にかけて行われる国際的スポーツ大会は48試合、最大180万人の来場が見込まれています。

エクスペディアが開催地での宿泊状況を調査した結果、海外からの宿泊需要は前年同期比30%増、国内需要は40%増となりました。

ラグビーの影響でアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパからの需要が伸びています。アジア圏旅行者と比較すると、宿泊費は5%~10%増、宿泊日数は1日多くなっています。

人気の開催地は東京・大阪・横浜で、アメリカ・オーストラリア・カナダからの訪日外国人が全体の3割を占めています。開催地の宿泊検索数でも、これらの国が上位となっています。

予約状況、日本と海外の比較

また予約から宿泊までのリードタイムは、日本人20日、外国人40日。平均宿泊日数は、日本人1.5泊、外国人3泊です。

宿泊金額は、日本人が1泊平均1万円、外国人は1.5万円。宿泊単価では大分県が最も高く、1泊当たり29,000円と他都市の約2倍となっています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Expedia Groupのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000048490.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。