【THE世界大学ランキング2020】トップはオックスフォード大学!東大はランクアップして36位&京大は65位に

THE世界大学ランキング・発表

イギリスの高等教育専門誌「THE(Times Higher Education)」は、9月12日に2020年の「THE世界大学ランキング」を発表しています。トップは前回に続きオックスフォード大学となりました。

THE世界大学ランキング

THE世界大学ランキング

堂々のトップは「オックスフォード大学」

「THE世界大学ランキング」は、92カ国1300校以上の大学をランク付けしています。1位は前回同様、イギリスのオックスフォードとなっています。

2位はアメリカのカリフォルニア工科大学、3位はイギリス・ケンブリッジ大学、4位はアメリカ・スタンフォード大学、5位はアメリカ・マサチューセッツ工科大学となっています。トップ10はイギリスとアメリカが占める結果となりました。

世界的な知名度向上に向けた課題を分析

日本は、東京大学が順位を6つ上げて36位、京都大学は前年同様65位となっています。日本のランクイン数は合計で110校、イギリスの100校を超えてアメリカに次ぐ2位を獲得しています。

一方レポートは、日本の大学はトップ200のランクインが多くなく、国際的な知名度に影響していると分析。優れた研究者や留学生の取り込み、他国との研究協力など、本格的な投資と将来計画が必要だと述べています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

THE世界大学ランキング・日本版のプレスリリース
https://japanuniversityrankings.jp/topics/00130/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。