【国内インポートブランド市場】前年比6.8%増加の2兆4,420億円!今後は消費減速&インバウンド需要縮小への懸念も

矢野研・インポートブランド市場調査

株式会社矢野経済研究所は2019年9月12日、2018年の国内インポートブランド市場調査結果を公表しています。

2018年は大幅な伸びを示しましたが、今後はインバウンド需要の縮小が懸念されています。

国内インポートブランド市場調査

国内インポートブランド市場調査

前年比6.8%増加の2兆4,420億円

2018年の国内におけるインポートブランド・衣料品や雑貨、ジュエリーなど主要15アイテムの小売市場規模は、全体で2兆4,420億円となり、前年比6.8%の増加となりました。

これには株高による富裕層の消費拡大、インバウンド需要の増加、またミレニアル世代への消費拡大を目指したブランド側のミレニアル戦略が要因としてあげられています。

既存のブランドイメージを大きく変えるデザイナー交代、既存店舗やECサイトでのマーケティングなど、その効果が現れた年だと報告しています。

今後のブランドの課題

2019年以降も、全体としてはブランド主導による小売市場の活性が続きますが、一方で分野別に増加と減少が発生すると予測しています。

また株価の変動、ミレニアル世代の人数や購買意欲の減少、為替相場の円高傾向によるインバウンド需要の縮小などの懸念材料があり、課題に取り組む対策が求められるとしています。

(矢野経済研究所調べ)

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社矢野経済研究所のプレスリリース
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2205

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。