今から仕掛ける冬休み戦線のインバウンドプロモーション!10月は「温泉情報」に需要

10月の観光地検索数ランキング「箱根」各国市場で注目集める

アウンコンサルティング株式会社は、外国人が10月にどのような観光情報を検索するか調査した、『2018年10月の検索トレンド調査と2019年の予測』を9月25日に公表しました。

多くの地域でランクインしたのは「箱根」となっています。

2018年10月の検索トレンド調査と2019年の予測

2018年10月の検索トレンド調査と2019年の予測

10月は「温泉」の検索数が上昇

同社は、2018年10月に世界12ヶ国で検索された日本の観光地を集計、10月検索のトレンドとしてランキングにしています。10月は「温泉」の検索数が増加。国別に見ると、韓国を除く11ヶ国ではいずれかの温泉地がランクインしています。

「箱根」はシンガポール、インドネシア、アメリカで検索数トップ。ほか台湾、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピン、オーストラリア、イギリスでもトップ10に入っています。

箱根は都心からの交通アクセスも良く、官民共同で訪日外国人観光客に向けたインフラサービスに力を入れています。

地方温泉はリピーターをターゲットに

またリピート率の高い台湾、香港、タイ、シンガポールでは地方の温泉地への関心が高く、「黒川温泉」「草津温泉」「有馬温泉」「下呂温泉」などがランクインしています。

タイやシンガポールには温泉がなく、冬の「異文化体験」としての需要が高いことから、レポートでは10月に旅マエのアプローチとしてプロモーションを行うことをすすめています。

(アウンコンサルティング調べ)

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

アウンコンサルティング株式会社のプレスリリース
https://www.auncon.co.jp/corporate/2019/0925.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。