【民泊】取り扱い件数は3万件近く増加、仲介業者62社と国内旅行業者6社対象に”旅行業者及び住宅宿泊仲介業者による民泊物件の適法性”を確認(観光庁)

公開日:2019年10月29日

住宅宿泊仲介業者62社と国内旅行業者6社が対象に

観光庁が、平成31年3月31日時点の旅行業者及び、住宅宿泊仲介業者による民泊物件の適法性の確認結果を、10月23日に発表しました。

観光庁は、 国内外の住宅宿泊仲介業者62社及び、住宅宿泊事業法に基づく届出住宅の取り扱いのある国内旅行業者6社、合計68社を対象に適法性の確認を実施。違法認定なしで修正が不要の物件は合計で36,788件、違法認定なしで修正が必要な物件は、19,485件という結果になっています。

民泊物件の適法性の確認結果

民泊物件の適法性の確認結果

取扱件数の合計が昨年から29,685件も増加

観光庁による民泊物件の適法性の確認において、違法認定ありで削除対象となったのは、合計2,154件で全体件数に占める割合の3%に上りました。

自治体の保有情報と部分的に一致するなど、再確認が必要な物件は12,862件で、全体件数に占める割合の18%になっています。

また、平成31年3月31日時点での民泊物件の取り扱い件数は、合計で71,289件となり、平成30年9月30日時点の41,604件から、29,685件も増加していることが分かりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

観光庁 プレスリリース
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000429.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。