「2019年上半期 インバウンド旅行動向調査」訪日理由の多様化が顕著に:ポップカルチャー好きの香港・台湾(Reluxトラベルラボ)

公開日:2019年10月29日

日本旅行が好きな会員にアンケート

株式会社Loco Partnersは、10月25日、「Reluxトラベルラボ」を通じ、「2019年上半期 インバウンド旅行動向調査」を発表しました。

なお、調査期間は、2019年4月1日から9月30日、対象は、ホテル・旅館の宿泊予約アプリ「Relux」を利用したインバウンドで、中国、香港・台湾、韓国、英語圏の4エリア。有効回答数は、435件にのぼります。

2019年上半期 インバウンド旅行動向調査

2019年上半期 インバウンド旅行動向調査

情報収集はエリアごとに異なる傾向に

今回の調査では、全体の半数以上の人が、日本を訪れた回数が「10回以上」と回答しました。

また、情報収集の方法については、「Web」と回答した人が最も多いことが判明しましたが、中国では「SNS」、香港・台湾では「旅行本」「ブログ」、韓国では「ブログ」「SNS」、そして英語圏では「SNS」が多く使われており、情報収集の仕方は、エリアごとに異なる傾向にあることもわかりました。

日本旅行への決め手については、「温泉」「食事」を選んだ人が多いなか、香港・台湾は、「温泉」「食事」に加え、「ポップカルチャー」と回答した人が、他エリアに比べて多いこともわかりました。

さらに、「温泉」と回答した人のなかには、温泉を楽しめる「宿泊」にお金をかけていたことも判明。

しかし、英語圏では「宿泊」以外にも「買い物」「食事」「テーマパークや観光」などにもお金をかけている一方、中国は「テーマパークや観光」にあまりお金をかけていないなど、楽しみ方が多様化している様子もうかがえる結果となりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社Loco Partners プレスリリース
https://loco-partners.com/2019/10/news/10190.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。