在留外国人に聞いた「日本の労働イメージ」意外に好印象!仕事探しのポイントは"給料の良さ"と"労働時間"

日本の労働イメージ調査

Guidable株式会社は10月30日、外国人労働者100名を対象に行った「日本の労働イメージ」調査の結果を発表。外国人が日本の労働に対して良いイメージを持っていることが明らかになりました。

日本の労働イメージ調査

日本の労働イメージ調査

日本での労働に良い印象を持つ人が多い

同調査は、外国人材サポートの「Guidable Japan」が在留外国人20~40代の男女100名に行った調査です。

日本の労働についての印象を聞いたところ、「Hard(厳しい)」は30%、「Fair(程良い)」は29%、「Good(良い)」は35%。不公平、プレッシャーやストレスが多く多忙、働き過ぎなどは各1%に留まっています。

日本で就きたい職業は、「技術職」が 20%、「教師」が19%、「エンジニア」が16%。「営業職」 16%、「受付」15%、ほか、オフィスワークや通訳、財務関係などがあげられています。

仕事を探すポイントや理由は?

仕事を探す上で重視するポイントは、「給料の良さ」が35%、「労働時間」が23%、「会社規模」が15%、「同僚との関係性」が13%、「仕事内容」12%などとなっています。

また、母国では見たことのない職業をあげてもらったところ、ホスト・ホステス、男性スカウト、自動販売機スカウト、自動販売機探し、メイドカフェ、号外の新聞を配る、配管士など。

日本での仕事探しを決意した理由は、「日本語の能力を高めること」「良い給料を得ること」が多い回答となりました。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Guidable株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000017621.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。