日本独自の「ゴミ出し」「ビジネスマナー」外国人は困惑しつつも一定の評価【日本のルールやマナーに関する調査結果】

公開日:2019年11月22日

外国人から見た、ルールやマナー

株式会社YOLO JAPANは、在留外国人を対象に行った「日本のルールやマナー」に関するアンケート調査結果を11月15日に発表。知らずに困ったのは「ゴミ出し」「ビジネスマナー」でした。

「YOLO JAPAN」のアンケート調査

「YOLO JAPAN」のアンケート調査

来日して初めて知ること

同調査は、在留外国人材サービス「YOLO JAPAN」の登録者から72カ国513名の回答を集計。

日本でのルールやマナーを調べたり学んだりしているかという質問には、96%が「ある」と回答しています。来日前に調べたルールやマナーは「挨拶」が78%でした。

とはいえ、実際に来日して「知らなくて困った」経験をした人は60%。多かったのは「ゴミの捨て方」が41%、「ビジネスマナー」が39%でした。

ゴミに関しては、指定のゴミ袋やゴミを出すタイミング、分別が分からなかったなど。ビジネスマナーでは名刺の渡し方、クライアントへの挨拶、自己紹介の仕方など、日本特有の細やかさを学ぶ機会がなかったため、注意されたとコメントしています。

高評価は「ゴミ分別」、低評価は「ビジネスマナー」

日本のルールやマナーで、グローバルスタンダードにしたいと感じたことが「ある」と回答した人は81%。その中でも「ゴミの分別」は高く評価され29%でトップに挙げられています。日本のルールやマナーを学びたいという人は92%でした。

一方で「変えた方がいい」のは「ビジネスマナー」がトップ。上下関係や労働時間の超過、飲み会の強要などが指摘されています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社YOLO JAPANのプレスリリース
https://www.yolo-japan.co.jp/news-release/5402

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。