10月免税店売上高は256億4,000万円で2か月ぶり減少、人数減も単価はプラスに(日本百貨店協会)

公開日:2019年11月28日

10月の商況はマイナス傾向

日本百貨店協会は11月22日、2019年10月の免税店売上高・来店動向を発表しました。免税店91店舗の売上高は、前年同月比86.2%で2か月ぶりのマイナスとなりました。

日本百貨店協会の免税店売上高・来店動向

日本百貨店協会の免税店売上高・来店動向

購買客数は5か月連続でマイナス

2019年10月の免税売上高の総額は、約256億4,000万円で、前年同月比86.2%でした。

一般物品売上高は、約143億6,000万円で前年同月比90.7%のマイナス、消耗品の売上高は約112億8000万円で81.0%のマイナスとなりました。比率は一般物品が56%、消耗品が44%です。

客数は減少ながら、単価はプラス維持

購買客数は約39.6万人で、前年同月比85.1%のマイナス。5か月連続で減少しています。1人当たりの購買単価に関しては、約65,000円で前年同月比101.2%とプラスを維持しました。

10月の商況は、円高や諸外国の情勢により、訪日外国客数が減少したことが要因と推測しています。

人気のあった商品は、1位が「化粧品」、2位が「ハイエンドブランド」、3位「食品」、4位「婦人服飾雑貨」、5位は「子供服・雑貨」となりました。

外客数を国別に見ると、1位が中国本土、2位が台湾、3位が香港、4位が韓国、5位タイ、6位シンガポール、7位はマレーシアという結果になりました。

(画像はPixabayより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本百貨店協会のプレスリリース
https://www.depart.or.jp/press_release_other/cat/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。