【週刊中国News】超富裕層中国人が減少、最新レポートで判明&中国初のスキー業界団体が設立ほか5選

訪日ラボ編集部が、中国現地ニュースから注目のトピックを紹介します。

先週の記事
マンネリ化するダブルイレブン

1. 中国の中産階級3,320世帯に

キーワード:中国新中産階級、富裕層

▲[中国では高級車を見かけることも少なくない]:イメージ
▲[中国では高級車を見かけることも少なくない]:イメージ

11月19日に胡潤研究所が「Hurun Wealth Report 2019」を発表しました。内容は、中国の中産階級に関する最新情報と考察です。

この中では、2018年8月までで中国には3,320万世帯の中産階級が存在していることが伝えられています。その内の1,000万以上の世帯が昨年から今年度にかけて新たに中産階級に加わった世帯と見られています。

また600万元(約9,317万円)以上の資産を持つ富裕層が増加した一方で、1,000万元(1.55億円)以上の資産を持つ超富裕層が減少したという興味深い指摘もなされており、注目を浴びました。

中国経済は成長が鈍化しており、同時に様々な問題も起こっています。ただし、このレポートによれば、中国国内の貧富の格差に対しては楽観視してもいいのではないかという予測が立ちそうです。

富裕層の好むコンテンツ「爆買い」や「ラグジュアリーなツアー」の動向にはこれからも注目するべきでしょう。インバウンド市場のさらなる成長には、彼らが日本旅行をリピートする動機付けについても正確に把握する必要がありそうです。

2. 中国初のスキー業界団体設立:ウィンタースポーツ最新情報

キーワード:冬、雪、ウィンタースポーツ、スキー、スノボ、スポーツ

▲[中国人がスノースポーツ目的で訪れるのは日本だけではない]:イメージ
▲[中国人がスノースポーツ目的で訪れるのは日本だけではない]:イメージ

11月18日、北京で中国初のスキー業界団体が設立されました。2022年の北京冬季オリンピックにむけて、中国国内のウィンタースポーツを盛り上げていく狙いがあります。

2022年北京冬季オリンピック開催の決定以降、中国ではスキー場の建設ラッシュが起きています。屋外スキー場のみならず屋内スキー場も増加しており、北京を中心にした華北地域、新疆などに代表される西北地域、ハルピンなどが有名な東北地域が、三大ウィンタースポーツエリアとなっています。

今後、中国国内でウィンタースポーツがブームになるにつれて、日本へスキー観光などを目当てに訪れる中国人観光客の増加もますます加速していくでしょう。求められるサービスが中国国内と同様なのか、あるいは差別化するべきなのか、両方の観点でバランスよく施策を講じてくことも大切なのではないでしょうか。

3. 新旅行体験を打ち出す「5G通信+スマート・カルチャーツーリズム産業連盟」

キーワード:5G、スマートツーリズム

▲[「5G通信+スマート・カルチャーツーリズム産業連盟」成立の式典の様子]:新京报 2019年11月23日
▲[「5G通信+スマート・カルチャーツーリズム産業連盟」成立の式典の様子]:新京报 2019年11月23日

11月22日、ZTE、中国聯通(チャイナモバイル)京東雲(JDクラウド)などのインターネット通信大手企業と、旅行業大手の景域集団、また江西省・チベット自治区・浙江省などの旅行企業が、上海ヒルトンで開催された中国旅行IPフォーラムにおいて「5G通信+スマート・カルチャーツーリズム産業連盟」を成立させました。

連盟では5G技術、人工知能、VRやAR、ビックデータなどの新技術を駆使し、旅行に関連する様々な問題を解決すること、そして新たなる旅行体験を提供することを目標に掲げています。

具体的施策として、河南省でスマートフォンを応用したプロジェクトを開始する事が宣言されました。VRで中国の歴史をさらに没入感をもって経験させるアイデアなどもあるようです。

中国では様々な分野で5G通信を応用する具体的なプランが立ち上がっています。今回のフォーラムからは、旅行業への応用が強力に推進されるであろうことがうかがえます。

4. 中国人留学生動向:アメリカ留学は「芸術」人気、では日本の強みは?

キーワード:留学、コミュニティ、アメリカ、ヨーロッパ

▲[中国ではアメリカは旅行先としても人気]:イメージ
▲[中国ではアメリカは旅行先としても人気]:イメージ

11月18日、アメリカ国際教育協会IIEは『2019年米国オープン・ドア報告書』という、在米外国人留学生に関する報告書を発表しています。

報告書によると、アメリカは依然として世界中から留学生を受け入れており、その中でも中国は最大の留学生供給国となっています。2位はインド、3位が韓国、 4位がサウジアラビア、5位がカナダとなっています。

中国人新入生も増加率はここ数年はあまり高い数字が出ていないようですが、アメリカで芸術を学ぶために留学する人数は、今年に入って6.5%の増加率を記録しています。留学生の多寡は、日本経済に少なからぬ影響を与える要素です。人気留学先のアメリカへの留学増加率がゆるやかになってきた今は、中国人の留学先としての日本の優位性をどのように確立していくかについて考え、実行していく良いタイミングかもしれません。

5. 中国の最低賃金改定

キーワード:中国の労働環境、月収、給料

▲[中国全国各地の最低賃金]:新浪新闻中心 2019年11月21日
▲[中国全国各地の最低賃金]:新浪新闻中心 2019年11月21日

福建省が2020年の最低月収の改定を行うことを決定しました。2019年に中国の9省で、最低月収が昨年度および今年度にくらべ上昇します。

全国31の省のうち上海市、北京市、広東省、天津市、江蘇省、浙江省においては、最低月収が2,000元(約31,063円)を超えています。一番高い上海では2,480元(38,500円)です。また、最低月収の上昇率が一番高いのは重慶市で、今年度300元(4,659円)上昇しました。

中国経済はすでに高度経済成長を終え「新常態」のフェーズに入ったことが伝えられています。一方で、スピードは落ちるもの依然と経済成長は継続しており、最低月収も全国で上昇傾向です。「デフレ・スパイラル」の兆候はまだ見られません。

訪日中国人の消費者心理について仮説を立てる際には、こうした現地経済の最新動向にも注意を払うべきでしょう。

<参照>

http://www.hurun.net/CN/Article/Details?num=37EBE4E643FC

http://news.sina.com.cn/c/2019-11-21/doc-iihnzahi2258254.shtml

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!