【外国人から見た日本】今インバウンドに響く新たなコンテンツ「MV撮影地」日本を愛するアーティストたちの作品まとめ

公開日:2019年11月27日

10月6日の英・BBCでは、「ミュージックビデオ」の撮影地に関する興味深い記事を配信しています。

イギリスを代表するバンドThe Beatlesの「Abbey Road」がなんと50年の時を経て英国週間アルバムトップチャートにて再び「1位」を獲得したというのです。The Beatles誕生50周年を記念し発売された復刻アルバムは、世界中の根強いファンの間で広まり瞬く間に首位を獲得したといいます。

注目すべきはその波及効果です。作品への思慕は音楽だけに留まらず、The Beatlesの聖地として名高いロンドンにある「アビー・ロード」にまで大きな影響を与えています。アルバム発売を歓迎する世界中からのファンが、この地に押し寄せたのだそうです。

世界に多くのファンを有する海外アーティストたちのミュージックビデオの中には、日本を撮影地に選んだものももちろん存在します。こうした撮影地は、訪日旅行市場への誘客要因となりますが、今現在の訪日市場を意識したプロモーションでは、そこまで大きな注目を集めていないようです。

今回は、大きなポテンシャルを秘めている、日本を舞台に撮影されたMV(ミュージックビデオ)をピックアップして紹介します。

関連記事
中国人が詰めかける「新・東京名所」


日本人が知らない東京が舞台のミュージックビデオ4選

超大物アーティストのMV(ミュージックビデオ)には、実は東京の各地が起用されています。今回はその中でもインバウンド市場に小さくないインパクトをもたらすと考えられる4つの作品を紹介します。

1. シュールな日本・魚カルチャーが世界でも有名か「築地」

「Rather Be」はイギリスのケンブリッジ大学で結成されたバンド「Clean Bandit(クリーンバンディット)」が、日本人女性を主人公に撮影したMVです。この曲は同アーティストの代表的な曲の一つとしても有名で、YouTubeでは5.5億回の再生回数を誇ります。

居酒屋で出会う愉快なサラリーマンたちの描写は思わずクスッと笑ってしまうほどで、日本をよく捉えています。多くのファンが独特の世界観に引き込まれたことでしょう。その中で日本を身近に感じ、魅力に感じた人も少なくないはずです。こうした心境を旅行の動機づけに活用しない手はありません。


2. ピンク頭にマリカー、ポップな日本がみられる「原宿」

ジェイデン・スミスは俳優ウィル・スミスの息子で、俳優や歌手として活躍しています。2018年に公開した新曲の撮影地は「原宿」でした。

このMVには、なんとジェイデンと一緒に街中を歩く友達役としてジャニーズの山下智久氏も登場します。

アジアで絶大なる人気を誇るアイドルのお忍び出演とあり、日本の主要メディアでは現在そこまで露出ありませんが、山下氏の人気の高さを考えれば日本だけでなく中国を含めた幅広いファン層で爆発的にヒットする可能性もあるはずです

3. 「カラオケ」「エレベーター」「ホテル」あの人気映画のオマージュを送る

2014年から17年まで4年連続でTIMES紙の「最も影響力のあるティーン25人」に選出されたカナダの人気シガーソングライターのショーン・メンデスは、日本を舞台にし一躍有名になった某映画にオマージュを送るMVを2018年に公開しました。

映画作品は、ソフィア・コッポラ監督・脚本の『ロスト・イン・トランスレーション』です。作品は若かりし頃のスカーレット・ヨハンソンを主演女優に迎え、東京を舞台に独特の世界観を描き出し、多くの観客を魅了した同監督の代表作となっています。

人気シンガーが忠実に再現した同MVは、映画の撮影地に再度火をつける可能性があります。

4. 外国人が思う日本にぴったり合致「新宿」ロボットレストラン

ロックの神として名高い、イギリスのバンド「MUSE」も日本を撮影地として選んでいました。

同バンドならではのシュールな視点より描かれる世界観は、新宿の「ロボットレストラン」で撮影された原色が躍動する画面構成と、女子高生の歩く等身大の渋谷、その他様々な外国人にとっての「東京」が登場します。

まとめ:視点の転換で、日本の魅力を世界に発信

外国人の訪日旅行に影響を与える可能性の高い、海外人気アーティストのMV(ミュージックビデオ)4本を紹介しました。

その多くが東京都内の主要観光スポットで撮影されており、東京の魅力は伝わるものの、角度を変えてみれば、東京以外の日本の魅力を伝えきれていないような印象も受けます。それほどまでに、MVを通じて伝えられる情報量は多くなっています。

世界中にファンを持つアーティストのMVに使用されれば、瞬く間に「人気観光地」として広まることも十分あり得るでしょう。訪日観光客に対しての魅力訴求だけでなく、世界のアーティストに対する魅力の発信もまた、インバウンド市場の発展を考える場合には重要な視点となってくると考えられます。


ジブリ「千と千尋の神隠し」モデルと言われる台湾でも大人気|今年6月に現地公開・中国の反応は?

日本映画歴代興行収入第1位を誇るスタジオジブリの映画作品「千と千尋の神隠し」は世界中で愛される名作映画のひとつです。最近では2019年6月21日に中国にて初上映され、中国のジブリファンに大きな反響を与えました。台湾には、こうした絶大な人気の「千と千尋の神隠し」に似た雰囲気を持つ「九份(きゅうふん)」という街も存在します。中国や台湾、そして世界で「千と千尋の神隠し」はどのような評価を受けているのでしょうか。今回は現地の生の声をご紹介します。関連記事「天気の子」聖地巡礼スポット!海外の反応は?...

ヒット作「天気の子」聖地巡礼スポットを紹介!海外の反応は?国際映画祭出品でまだまだ話題の中心に

新海誠監督による作品・RADWINPSによる音楽で一世を風靡した映画「君の名は。」に続き、7月19日に公開された最新作である「天気の子」が人気を集めています。訪日ラボ編集部では、「天気の子」聖地巡礼に行ってきました。その際の様子や、海外での反応予想などを紹介していきます。目次「天気の子」とは?新海誠×RADWINPSの強力タッグ再び興行収入ランキングでは?聖地巡礼に行ってみた!聖地巡礼①新宿聖地巡礼②廃墟ビル×神社聖地巡礼③田端駅南口 不動坂訪日外国人にも人気が出るか?山手線・中央線が中心...



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!