軽減税率が利用を後押し!「スマレジ」累計取引高が2兆円を突破:販売データプラットフォーム運営事業に向けて弾みをつける

公開日:2019年12月23日

「スマレジ」の登録店舗数も7万店舗以上に

株式会社スマレジ(以下、スマレジ)が、展開するクラウドPOSレジ「スマレジ」での累計取引高が2兆円以上になったことを、11月29日に発表しました。

「スマレジ」の登録店舗数は7万店舗以上で、ここ1年半の間におよそ1兆円分の取引が行われていることもあり、今回累計取引高が2兆円を突破。2019年10月に消費税率の改定が行われたことで、軽減税率に対応しようとする各店舗から、「スマレジ」への需要が高まり、累積取引額の増加につながっています。

「スマレジ」

「スマレジ」

多様な支払い方法に対応 ビッグデータの分析・活用も

「スマレジ」では、“クレジットカード決済”や“電子マネー決済”、“QR・バーコード決済”と、多様な支払い方法にも対応。国内消費者のみならず、インバウンド消費がスムーズになったことも、累積取引額の増加要因の1つです。また、「スマレジ」の導入により、各店舗のインバウンド対応の効率化をサポートしています。

スマレジは今後、「スマレジ」によって「販売データプラットフォーム運営事業」を展開。あらゆる商取引のビッグデータを保有・分析・活用し、更なる社会の発展に貢献するプラットフォームの構築をしていく予定です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社スマレジ プレスリリース
https://smaregi.jp/news/press/2trillion.php

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。