その外国人観光客に、ビールを出して大丈夫?国別の飲酒可能年齢まとめ

公開日:2019年12月23日

日本では20歳以上でなければ飲酒もお酒の購入も禁止されており、居酒屋やお酒を扱うお店では販売の際に年齢確認が必須となっています。

外国人観光客にもこの法律が適用されますが、自国では16歳から飲酒を合法と定めている場合もあり、勘違いで「違法飲酒」をしてしまう危険性があります。

この記事では世界での飲酒可能年齢についてまとめました。

関連記事
英国人観光客に刺さる「日本産ウィスキー」
渋谷区路上での飲酒規制がインバウンドに影響?
訪日客の8割は「日本酒を飲む」ことが判明


もし未成年者に酒類を販売したら「販売した者が罪に問われる」

外国人観光客が対象である場合も、「属地主義」という考えのもと、日本国内の法律を遵守する必要があります。

日本には「未成年者飲酒禁止法」というものがあり「20歳」未満へのお酒の提供・販売が禁止されています。違反した場合厳しい罰則を受けます。日本で外国人観光客にアルコールを販売するには、日本の法律を理解してもらう必要があります。

未成年者飲酒禁止法は、営業者であって業態上酒類を販売又は供与する者が未成年者に対し、未成年者が飲用に供することを知りながら酒類を販売又は供与した場合には、50万円以下の罰金に処す旨を定めています。

※詳しくは、専門家にご相談ください。

アジア・オセアニア地域での合法飲酒年齢

  1. 中国
    中国では購入・飲酒ともに「18歳」以上から可能です。
  2. 韓国
    韓国では「19歳」以上から購入と飲酒が可能となります。
  3. 台湾
    台湾では「18歳」以上から購入と飲酒が可能となります。
  4. シンガポール
    シンガポールでは「18歳」以上から公共の場での飲酒が可能になり、購入もできるようになります。しかし私有地での飲酒に関する取り決めはありません。
  5. インド
    インドでは住んでいる地域により法令が異なり、主に「18歳から25歳」の間で飲酒が可能となります。マニプールをはじめとする一部の地域では飲酒自体「違法」とされています。
  6. オーストラリア
    オーストラリアでは「18歳」以上から購入と飲酒が可能となります。

ヨーロッパ地域での合法飲酒年齢

  1. イギリス
    イギリスでは「18歳」以上から公共の場での飲酒と購入もできるようになります。しかし私有地での飲酒は「5歳」から可能です。
  2. フランス
    フランスでは「18歳」以上から購入と飲酒が可能となります。
  3. ドイツ
    ドイツではビール・ワインの飲酒に限り保護者(法定後見人)の前であれば「14歳」から飲酒が可能です。「16歳」になるとビール・ワインの飲酒か許され、「18歳」以上でアルコール度数の高い蒸留酒も飲める様になります。
  4. イタリア
    イタリアでは「18歳」以上から購入と飲酒が可能となります。
  5. スウェーデン
    スウェーデンでは「18歳」以上から購入と飲酒が可能となります。
  6. デンマーク
    デンマークでは飲酒可能年齢に関する取り決めがありません。「16歳」以上でアルコール度数16.5%未満の酒類を購入できます。「18歳」以上で16.5%以上の酒類も購入とレストランやバーなど公共の場で注文することが可能です。
  7. フィンランド
    フィンランドではアルコール度数1.2%〜22%までの酒類を「18歳」で購入することができ、レストランやバーなどで飲酒ができます。「20歳」以上になるとアルコール度数が23%〜80%までの酒類も購入することができます。

その他 地域での合法飲酒年齢

  • アメリカ
    アメリカには法定飲酒可能年齢が定められており、基本的に21歳以上なけれ飲酒と購入ができません。しかし一部地域や例外となる場合があります。
  • カナダ
    カナダでは「19歳」から飲酒が可能となりますが、一部地域では「18歳」より合法で飲酒が可能となっています。
  • イエメン
    イエメンでは飲酒自体「違法」となります。

まとめ

紹介したように、国によって飲酒可能年齢が違うだけでなく、場合によってはアルコール度数による制限も設定されています。こうした常識に基づき、日本旅行時にもアルコール飲料を楽しめると誤解している外国人観光客も、時には飲食店に来店するかもしれません。

近年、外国人観光客の誘致を目的に、その地特産の日本酒をPRする動きも活発になっています。日本酒は海外でも非常に人気で、これを目当てに来日する人もいるでしょう。日本国内での飲酒可能年齢である20歳以上という条件に合致しているのかどうか、提供する店舗側は年齢確認に注意が必要です。

<参照>

tripsavvy:Alcohol Drinking Ages Around the World

ALCOHOL.ORG:Is It Ever Legal for Minors to Consume Alcohol?

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!