訪日客足のスピード減…ドラッグストアの11月消費購買金額は16.2%減少(True Data)

公開日:2019年12月27日

11月のインバウンド消費動向

株式会社True Data(トゥルーデータ)は、12月26日に11月のインバウンド消費動向調査を発表。ドラッグストア1店舗あたりの消費購買金額は、前年同月比16.2%の減少となりました。

11月のインバウンド消費動向調査

11月のインバウンド消費動向調査

購買件数・消費金額・単価ともに減少

同調査は、2019年11月・全国ドラッグストアのPOSデータを集計。ドラッグストア1店舗あたりの購買件数は前年同月比15.0%減少、消費購買金額は16.2%減少、インバウンド購買単価も前年同月比1.5%減少しました。

それでも購買単価は国内消費と比べ約9倍となっており、ドラッグストアはインバウンド消費の重要な要素となっています。

記録更新なるか、DHC 薬用リップクリーム

インバウンド消費売上個数ランキングは、トップ30のうち化粧品が14商品、OTC医薬品が9商品、菓子類が6商品ランクインしました。

トップはDHCの「DHC 薬用リップクリーム」で、5か月連続1位。2017年11月から4か月連続で1位を記録した商品で、今後の伸びが注目されます。

2位は花王の「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」、3位は江崎グリコの「ポップキャン」と前回同様の結果となりました。

4位は扇屋食品の「チーズおやつ」が8位から上昇、5位は龍角散の「龍角散ダイレクト」が6位から上昇しました。ほか、花王のキュレルシリーズで洗顔料が14位、龍角散の「龍角散ののどすっきり飴」が28位でいずれも前回圏外からのランクインとなっています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社True Dataのプレスリリース
https://www.truedata.co.jp/news/releace20191226

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。