訪日客人気イマイチな岡山、なぜ?DBJ「2019岡山のインバウンド観光動向」を発表

公開日:2019年12月27日

インバウンドにとって岡山人気はいまひとつ

株式会社日本政策投資銀行(以下、DBJ)は、12月17日、岡山訪問経験者や、岡山訪問希望者についての回答結果をまとめた「2019岡山のインバウンド観光動向~DBJ・JTBFアジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(2019年版)結果等から~」を発表しました。

調査結果によれば、2018年の岡山県における外国人延べ宿泊者数は、46万9,000人。2017年と比較して47都道府県中23位と、同順位でしたが、宿泊者数の伸び率は下落しました。考えられる要因の一つには、西日本豪雨の影響が挙げられます。

2019岡山のインバウンド観光動向

2019岡山のインバウンド観光動向

認知度向上への対策が岡山県誘客へのカギ

岡山訪問経験者の年齢層をみると、35歳から44歳のボリュームが多く、国・地域別では、台湾・香港の割合が高いことが判明しました。

また、岡山県におけるインバウンド宿泊客の観光消費額単価は、3万1,849円。日本人による消費額2万9,186円より多いこともわかりました。

一方、インバウンドによる流動データによれば、関西から広島、広島から関西へ訪問する人が多く、岡山を通過してしまうといったことも見受けられ、岡山の認知度については、「知っている」と回答したのは12.7%にとどまっていることが判明。

2020年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されます。訪日観戦を希望する人のうち90%以上が地方への訪問意欲を示していることから、関西や広島と連携したプロモーション、地域の魅力発信などの誘客活動が、さらなるインバウンド数増へのカギとなると考えられます。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

DBJ プレスリリース
https://www.dbj.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。