2020年の訪日外国人旅行者数は推計3,430万人、市場は量から質への追及に転換:JTB「2020年の旅行動向の見通し」

公開日:2020年01月06日

日本人・外国人の旅行動向

JTBは、12月20日に旅行動向見通しについてまとめ、発表しています。2020年度の年間訪日外国人旅行者数は、前年比7.9%の増加になると予測。東京オリンピック・パラリンピック大会の波及効果、宿泊施設の充実、リピーターの対応などにも力を入れていることが理由としてあげられます。

JTB・2020年の旅行動向見通し

JTB・2020年の旅行動向見通し

2020年は東京五輪前後に4連休あり

昨年10連休であったゴールデンウィークは、2020年は5連休。市場の動きはやや鈍化するものの、有給休暇の取得が促進される可能性があり、宿泊料金の高騰などが考えられます。

また2020年は、東京オリンピック・パラリンピック大会の前後に4連休があり、日本人が旅行に出かける好材料と考えられます。

インバウンドは充実、年間で前年比7.9%を予測

訪日外国人旅行は、年間の訪日外国人旅行者数は3,430万人、前年比7.9%のプラスになると推計しています。

オリンピック・パラリンピック大会の開催について、経済的に成熟した国の首都開催という共通点から、2012年のロンドン大会と比較。

英国国家統計局によると、大会期間中の訪英旅行者は前年同月比4.2%のマイナスでしたが、年間で見ると0.9%の増加となったことから、東京大会でも同様の状況が予想されます。

一方で大会の波及効果、中国やインドを対象にビザの発給要件緩和、日本路線の増便、アジア新興国からの旅行者数の増加が見込まれます。

また宿泊施設の充実化や、環境省が推進している「国立公園満喫プロジェクト」を活用したリピーター向けの体験型観光も進められ、好調に増加すると予測しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JTBグループのプレスリリース
https://www.jtbcorp.jp/jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。