インバウンドに食べてほしい「和食メニュートップ10」マルハニチロ調べ

公開日:2020年01月06日

インバウンドにおススメしたいと思う和食は何?

マルハニチロ株式会社は、12月20日、ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする全国の15歳~59歳の男女を対象に行ったインターネット調査「今年の食生活に関する調査 2019」の結果を発表しました。

なお、調査期間は、2019年11月27日~11月29日の3日間。有効回答数は、1,000サンプルにのぼります。

今年の食生活に関する調査 2019

今年の食生活に関する調査 2019

「寿司」は和食の代表、1位にランクイン

マルハニチロ株式会社の調べによれば、インバウンドに食べてほしいと思う和食メニューは、「寿司」が257件と、2位を大差で引き離し、トップにランクイン。

2位は「天ぷら」の59件、3位は「味噌汁」の32件、4位は「刺身」の26件、5位は「すき焼き」の24件と続きました。

また、6位には「そば」「肉じゃが」が21件の同数でランクイン。8位が「ラーメン」の20件、9位が「親子丼」の16件、10位が「鍋料理」の15件という結果となりました。

2020年は、東京オリンピックが開催されることから、多くのインバウンドが、世界中から訪日することが予想されます。

「寿司」は和食メニューの代表格。今回の調査結果から、インバウンド旅ナカでは、日本食の典型ともいえる「寿司」を、是非とも味わってもらいたいと思う人が多いことがわかりました。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

マルハニチロ株式会社 プレスリリース
https://www.maruha-nichiro.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。