訪日中国人増加でセントレアが快挙!国際線外国人旅客数が単月過去最高、27.5万を突破(2019年11月)

公開日:2020年01月07日

国際線外国人旅客数、前年同月比26%増

中部国際空港株式会社は12月25日、中部国際空港セントレアの2019年11月の運用実績を発表しました。

それによると国際線の外国人旅客数は、前年同月比26%増の275,800人。中国便の新規就航および旺盛な訪日旅行需要などが要因と見られます。さらに日本人旅客数を合算した国際線旅客数は、前年同月比13%増の555,900人でした。

一方、国内線も前年同月比7%増の566,687人と、堅調な伸びを見せています。国内線・国際線を合算した航空旅客数は、前年同月比10%増の1,122,587人。航空旅客数は53か月連続の前年同月超えとなりました。

航空旅客数、国際線旅客数、国内線旅客数で、11月の単月実績としては過去最高を記録しています。

中部国際空港セントレア2019年11月運用実績

中部国際空港セントレア2019年11月運用実績

空港内免税店の売上も好調

同空港の構内営業売上高は、前年同月比14%増の35.1億円でした。また構内営業売上高のうち、免税店の売上高は21.8億円となっています。どちらも11月の単月実績としては過去最高で、背景には訪日旅行客の増加があると見られます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

中部国際空港株式会社 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。