中国市場の最盛期が終わった…2020年インバウンドは欧米豪に存在感、二桁台成長を予測(JTB「インバウンド市場動向2020 訪日需要短期予測」)

公開日:2020年01月16日

今年のインバウンド数はどのように展開する?

JTBは、1月8日、「インバウンド市場動向2020 訪日需要短期予測」を発表しました。

なお、この短期予測は、中国、韓国、台湾、香港、欧米豪市場が対象。2019年11月末までのデータをもとにしています。

インバウンド市場動向2020 訪日需要短期予測

インバウンド市場動向2020 訪日需要短期予測

欧米豪市場は高い伸び率を維持

中国市場の2019年第3四半期時点におけるインバウンド数は、最盛期を過ぎ、減速感が強まりつつあります。

2019年第3四半期における地域別にみた宿泊需要に関しては、北海道と東北では伸び率が低く、2019年第3四半期から2020年第1四半期にかけての見通しとしては、北海道は伸び率が上昇したとしても、東北については減少に転じる可能性があります。

韓国市場については、インバウンド数の直近10月の前年比は、マイナス65.5%と過去にない下げ幅。2020年第1四半期のマイナス幅は、ある程度縮小するものと考えられますが、政治要素が影響しているため、先行きは不透明です。

台湾市場では、2018年秋の自然災害以降、勢いが減速したものの、2019年第3四半期はプラスに転じ、2019年第4四半期から2020年第1四半期についても、プラスで推移すると考えられます。

2019年第3四半期における地域別にみた宿泊需要に関しては、北海道と関東、近畿、九州はマイナス、中国もプラスマイナスゼロに近い水準。2019年第4四半期から2020年第1四半期については、関東と近畿、中国は横ばい、もしくはマイナスが続く見込みです。

香港市場の2019年第4四半期から2020年第1四半期にかけての見通しは、香港の政情次第。横ばいで推移すると考えられます。

2019年第3四半期における地域別にみた宿泊需要に関しては、北海道、関東、東海、近畿、九州がマイナス。2019年第4四半期から2020年第1四半期にかけての見通しは、北海道と九州が増加に転じる可能性が考えられます。

欧米豪市場の2019年第3四半期は、ラグビーワールドカップの日本開催で、9月の前年比が28.0%まで上昇。2020年第1四半期も成長を維持する見通しです。

2019年第3四半期における地域別にみた宿泊需要に関しては、九州以外の全ての地域でプラス。ゲートウェイとなっている関東、東海、近畿については、2019年第4四半期から2020年第1四半期にかけても増加を続けると考えられます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JTB プレスリリース
https://www.jtb.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。