【日本百貨店協会】2019年12月の免税購買客数、8年ぶりマイナスを記録:総売上高も3か月連続減少するも、年間売上累計は前年越えを実現

免税売上動向を発表

日本百貨店協会は、2019年12月の免税売上動向と年間計を1月22日に発表しました。免税総売上高は前年度月比99.2%と減少。3か月連続のマイナスです。

日本百貨店協会・免税売上動向

日本百貨店協会・免税売上動向

12月は総売上、購買客数とも減少

12月の総売上高は、約299億2,000万円、前年同月比99.2%となりました。12月の商況は、円高や諸外国の国際情勢により訪日客数が減少しました。

化粧品や食料品などの消耗品売上高は、約122億円で前年同月比91.3%とマイナス。一般物品売上高は約177億2,000万円で、こちらは前年同月比を上回り105.6%となりました。

購買客数は約43.7万人で前年同月比98.4%、一人当たりの購買単価は68,000円で100.8%です。

人気のあった商品は、化粧品、ハイエンドブランド、食品、婦人服飾雑貨、そして子供服・雑貨の順でした。国・地域別で免税売上に貢献したのは、多い順に中国本土、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポール、マレーシアです。

年間計では売上過去最高

2019年1月~12月の免税売上累計では、免税総売上高が約 3,461.3 億円で対前年比102%、3年連続で前年を上回り過去最高となっています。

一般物品が 1,880.3 億円で前年同月比99.7%、消耗品が 1,581 億円で104.8%です。購買客数は約 514 万人で前年同月比98.3%。2011 年以来8 年ぶりのマイナスとなりましたが、客単価の増加がカバーしています。

(画像はPixabayより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本百貨店協会のプレスリリース
https://www.depart.or.jp/press_release_other/cat/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。