【インバウンド】クラウディングアウトとは?東京オリンピック2020開催で訪日外国人が減少するは本当か?

インバウンド業界でのクラウディングアウト(crowding out)とは、オリンピックをはじめとする国際的な大型スポーツイベントなどが開催される際に起きる混雑を嫌って訪日外国人観光客が減ってしまう減少です。

東京オリンピック・パラリンピック2021年に延期となり、9月7日には国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長が再延期や中止はないとの方針を示しました。

2021年に東京オリンピック・パラリンピック大会が開催されることによりクラウディングアウト(crowding out)は起こるのか。

この記事では、クラウディングアウトの概要、要因、オリンピック開催地での事例と対策を解説します。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

クラウディングアウトとは?

クラウディングアウトは、経済用語として使用される場合と、観光業界で使用される場合で意味が異なります。

以下では、それぞれの違いをご紹介します。

【金融・経済】クラウディングアウトとは?

政府が財政政策の一環として、国債の大量発行や減税をした場合に、実質利子率が上昇して民間の資金調達が圧迫されてしまう現象です。

利子率の上昇に伴い、投資が減ることが主な要因です。「押し退け効果」とも呼ばれており、国民の所得の増加を妨げるなどの悪影響も指摘されています。

【インバウンド】クラウディングアウトとは?

オリンピックをはじめとする国際的な大型スポーツイベントなどが開催される際に起きる現象です。

イベントを目当てとする旅行者(国内外を含む)の増加で、大会開催地とその周辺地の混雑、宿泊施設の不足、渡航費や宿泊費が高騰すると予想されるため、それらを嫌う訪日外国人旅行者が減少するとみられています。

2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックでもクラウディングアウトが発生しており、大会期間中(7~9月)の外国人旅行者数は前年同期比ー4.2%となりました。

ロンドンオリンピックのクラウディングアウト事例

先にも述べたとおり、2012年に開催されたロンドンオリンピック・パラリンピックでは大会期間中(7~9月)の外国人旅行者数が前年同期比ー4.2%でした。

イギリスの観光シーズンであった大会期間中だったにもかかわらず訪英外国人観光客が減少したのは、オリンピックによる混雑や宿泊費などの高騰を嫌った動きだったことが予想されます。

この現象は東京オリンピック・パラリンピックでも起こる可能性があり、その対策について「クラウディングアウト対策」でご紹介します。

ラグビーW杯はなぜ、クラウディングアウトが起こらなかったのか?

オリンピックと並ぶ世界的イベントであったラグビーワールドカップ(以下、RWC)では、クラウディングアウトが起こりませんでした。

その理由の一つが、開催期間が2か月間にわたる長期だったこと、試合日程の間隔が3日から6日と長かったことが挙げられます。

観戦目的の旅行者は、試合がない日に観光やグルメ、ショッピングを楽しむ余裕がありました。

さらにRWCは日本全国12開催都市で行われたため、観戦目的の旅行客が分散したのではないかと考えられます。

そのため、街の混雑や宿泊施設の不足、それに伴う価格高騰などが起きにくかったようです。

オリンピックに向けたJNTOやJR東日本のクラウディングアウト対策

東京オリンピックの開催を前に、日本政府観光局JNTO)やJR東日本をはじめ、さまざまな組織がクラウディングアウトへの対策に取り組んでいます。

以下では、対策の事例を紹介します。

JNTO:3つの「分散」の促進

JNTOでは、「分散」をキーワードとして対策に取り組んでいます。

対策としてあげているのは、宿泊地の分散、旅行先の分散、時期の分散です。

  • 宿泊地の分散:東京観光を希望する旅行者に対して、空室を確保や都内へのアクセスがしやすい近郊の宿泊施設を提案します。
  • 旅行先の分散:地方の魅力を積極的に発信して東京以外への旅行者の増加をねらいます。
  • 時期の分散:事前に周知し、大会前後の時期に訪日旅行を計画するよう誘導します。

これらの対策には、ターゲットに応じて分散を促し、東京への観光客集中を防ぐねらいがあります。

JR東日本:鉄道パスの提供

JR東日本では、訪日外国人旅行者向けの鉄道パス「JR EAST Welcome Rail Pass2020」を販売します。

このパスは、東京オリンピック開催による都心の混雑を緩和するために、期間限定で販売されます。

首都圏のJR East Travel Service Centerやびゅうプラザなどでの販売を検討しており、大会期間に合わせて2020年7月21日から9月11日まで利用できるよう設定する予定です。

購入者は、設定期間中の連続する三日間、JR東日本管内の新幹線や特急を含む列車に何度でも乗車できます。

JR東日本では、パスの販売により大会期間中の観光客を東北、信越エリアへと分散させられると考えています。

連携:特別連携サイトの開設と特典

交通インフラ、宿泊、買いもの、配送など、訪日旅行者が必要とするサービスに携わる7社が連携して期間限定の特設サイトを開設しました。

サイトの立ち上げに際して連携した企業を以下にまとめます。

  • 東日本旅客鉄道
  • JR東日本リテールネット
  • JTB
  • 東急ホテルズ
  • 百戦錬磨
  • プリンスホテル
  • JR東日本ホテルズ

同サイトでは、訪日旅行者が必要な情報をまとめて配信し、お得なプランを提供していました。

また、首都圏でのスポーツ観戦後に東北エリアを周遊できるプランなども用意し、宿泊分散を促しました。

2020東京五輪に向けてクラウディングアウト対策

観光業界でのクラウディングアウトとは、大規模なスポーツイベントの開催などで起こりやすい現象のことです。

大会期間中をはじめ、開催年に開催地の混雑や宿泊施設の減少、旅行の手配が難しくなり費用が高騰しやすくなります。

そのため、それを嫌った観戦目的以外の旅行者が減少してしまうことがあります。

大会の開催を目前に控え、国と企業が一体となって宿泊地や旅行先、旅行の時期を分散させる対策に取り組んでいます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

東海東京証券株式会社:クラウディングアウト(くらうでぃんぐあうと)

東日本旅客鉄道株式会社:For 2020 東日本・東北エリアを鉄道で旅しよう!

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!