五輪×四国周遊のニーズは「地元の人しか知らない魅力」で刈り取れ!37.9%が訪問希望(インバウンドの四国に関する意向調査/日本政策投資銀行)

公開日:2020年02月12日

四国を訪問したいインバウンドにアンケート

株式会社日本政策投資銀行(以下、DBJ)は、2月3日、「訪日外国人旅行者の四国に関する意向調査(2019年調査)DBJ・JTBFアジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査より~」と題した調査レポートを発表しました。

訪日外国人旅行者の四国に関する意向調査(2019年調査)

訪日外国人旅行者の四国に関する意向調査(2019年調査)

イベントは四国へインバウンドを誘客するチャンス

今回の調査によると、四国を訪問したいと考えるインバウンド(以下、四国訪問希望者)による、東京オリンピック・パラリンピック2020(以下、オリ・パラ)の認知率は、61.7%。

また、ワールドマスターズゲームズ関西2021の認知率は21.7%、大阪・関西万博2025の認知率は30.2%にのぼりました。

四国訪問希望者のうち、オリ・パラ訪日時に、「四国を訪問したい」と回答した人は37.9%である一方、オリ・パラ訪日時における地方周遊希望日数は、2-3日と比較的短いことも判明。観戦に一定の日数を割いてしまうことが主な要因と考えられます。

さらに、四国訪問希望者は、体験ツアーに「地元の人しか知らない楽しみ方や魅力の体験」を求める人が多く、特に欧米豪では、「地元の人との交流」「現地ガイドによる観光」を求める声が多く見受けられました。

国際的なイベントをきっかけに、インバウンドを四国へ誘客することは、またとないチャンス。より多くのインバウンドに「四国」を楽しんでもらうための効果的なプロモーション実施し、今後も継続してエリアマーケティングを行うことが重要と考えられます。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社日本政策投資銀行 プレスリリース
https://www.dbj.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。