2018年はインバウンド1,142万人が訪問、大阪観光局「欧・米・豪」向けマーケティングを強化!ワールドマスターズゲームズ・大阪万博とイベント続く

公開日:2020年02月21日

インバウンドの興味やトレンドを把握、PDCAを実施

公益財団法人大阪観光局(以下、大阪観光局)が、Amobee Japan(以下、Amobee)と、欧・米・豪インバウンド対策強化に向けた共同研究を開始したと、2月18日に発表しました。

インバウンドの大阪への訪問者数は2018年に1,142万人となり、東京2020オリンピック・パラリンピックはもちろん、来年のワールドマスターズゲームズや2025年の大阪万博の開催を控えていることから、更にその数が増加するとみられています。

インバウンドの中でも、アジアと欧・米・豪の消費者では、興味やトレンドなどが異なり、それらを把握することがインバウンド施策の成功につながります。そこで、大阪観光局とAmobeeは共同研究として、欧米豪市場に狙いを絞った「ブランド・インテリジェンス」を活用、欧・米・豪インバウンドへ向けたマーケティング施策のPDCAを回していきます。

欧・米・豪インバウンド対策強化

欧・米・豪インバウンド対策強化

デジタルコンテンツのエンゲージリングを分析・測定

Amobeeが2019年から展開している「ブランド・インテリジェンス」は、ソーシャルメディア上の投稿やコメントなどの「アクションデータ」のほか、サイレントマジョリティーなど、ネットユーザーによるデジタルコンテンツのエンゲージメントを分析・測定できるソリューションです。

様々なデータを独自技術で解析し、消費者が特定のトピックやブランドなどに寄せる関心やトレンドを把握することが可能となります。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

大阪観光局 プレスリリース
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

Amobee Japanのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000035887.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。