AIが埋もれた観光資源を掘り起こす:訪日外国人のSNS投稿分析、滋賀で7カテゴリ15件の潜在コンテンツ抽出成功(観光庁)

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる


SNS投稿から潜在観光コンテンツを分析

観光庁は、訪日外国人旅行者のSNS投稿内容を、AIツールで分析する調査を初めて実施。2月28日にその結果を発表しました。

同じエリアでの観光でも、言語によって関心が異なる傾向にあることが分かり、AIの活用によって隠れた観光資源発掘のヒントになることが期待されます。

観光庁・AIツール活用の観光資源発掘調査

観光庁・AIツール活用の観光資源発掘調査

認知度が低くても評価の高い観光を抽出

2018年の訪日外国人数は、3,119万人で過去最高。特に同年10月~12月の訪日外国人消費動向調査では、外客数の65%が訪日リピーターであることが分かっています。

今回のAIツール活用による調査は、課題となっている地方誘致に取り組むもので、AIによる分析、外国人インタビュー、自治体や観光業者とのヒアリングなどをまとめています。

今回の調査では、平均来訪率が1%未満の県のうち、「滋賀県」を選出。京都や大阪、奈良など認知度の高い観光地に近い滋賀県は宿泊数の減少が続いています。

観光に関するキーワード選定を行い、安定した訪問率のある台湾、消費単価の高い欧米豪からの投稿を分析しました。

観光コンテンツの掘り起こしと新たな可能性

結果として、スポーツや温泉、街並み、自然、美術館など7つのカテゴリで15件の潜在観光コンテンツを抽出しました。さらに滋賀県の観光コンテンツについて想定される課題、解決案などを割り出しています。

(画像は写真ACより)

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

観光庁のプレスリリース
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000447.html

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。