「テレビde通訳」無償提供で、休校期間の家庭訪問をサポート!在留外国人数は過去最高約283万人、教育機関でも導入が拡大

新型肺炎に伴う家庭訪問を「テレビde通訳」でサポート

株式会社ポリグロットリンク(以下、ポリグロットリンク)が、多言語テレビ電話通訳サービス「テレビde通訳」を、学校関係者向けに無償提供すると、3月5日に発表しました。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、休校となる学校が多く、先生が通学できない外国人生徒の家庭を訪問することがあります。そこでポリグロットリンクは、学校関係者向けに「テレビde通訳」を3月31日まで無償提供し、外国人の保護者とのコミュニケーションをサポートしていきます。

「テレビde通訳」

「テレビde通訳」

在留外国人数が過去最高に 教育機関での導入も拡大

政府が入管法の改正をしたこともあり、在留外国人数は2019年6月時点で過去最高の282万9,416人になっており、今後も増加するとみられています。

こうした背景から地方自治体だけでなく、教育機関にも「テレビde通訳」の導入が拡大。3者間面談や家庭訪問で、同サービスが利用されることが多くなってきました。

同サービスでは、遠隔映像通訳が必要な際にタブレット端末を用いて、通訳オペレーターがリアルタイムに通訳を実施。1回あたりの利用時間はおよそ10分となりますが、何度でも利用ができます。

今回の無料提供の対象は、日本国内の公立小中学校等の先生で、自治体や教育委員会、学校からも、電話やEメールで申し込みが可能です。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

「テレビde通訳」 プレスリリース
https://tsuyaku.tv/news/20200305/

株式会社ポリグロットリンクのプレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/207379

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。