【速報】大規模イベント「引き続きリスク判断して慎重な対応を」専門家会議が新型コロナ対策に新見解

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

3月19日夜、政府専門家会議は新型コロナウイルス対策に関して、新たな見解発表をしました。

政府専門家会議は、社会・経済機能への影響を最小限としながら、感染拡大防止の効果を最大限にするという、これまでの方針を続けていく必要があると考えを示しました。

また、注目の大規模イベントなどの取扱いについては、引き続き主催者がリスクを判断して「慎重な対応が求められる」としています。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

3つの基本戦略

日本政府はこれまで、下記の3つの基本戦略を行ってきました。

  1. クラスター(患者集団)の早期発見・早期対応
  2. 患者の早期診断・重症者への集中治療の充実と医療提供体制の確保
  3. 市民の行動変容

今回の専門家会議でも上記の戦略は維持し、社会・経済機能への影響を最小限としながら、感染拡大防止の効果を最大限にするという、これまでの方針を続けていく必要があるとしています。

「オーバーシュート」発生すれば「ロックダウン」を懸念

本会見では、気づかぬうちに感染者数が急増する「オーバーシュート(爆発的患者急増)」について言及しました。

オーバーシュートが発生した場合、医療提供体制に過剰な負荷がかかり、適切な医療が提供できなくなる懸念があります。

そうなった場合、すでにイタリアなどのヨーロッパ各国で見られるように、一定期間の不要不急の外出自粛や移動の制限「ロックダウン」といった措置をとらざるを得ない状況になります。

避けるべき3つのシチュエーション

本会見では、下記の3つの条件が同時に重なる場所を避けるよう、繰り返し指摘しています。

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 人が密集する
  3. 近距離での会話や発声が行われる

専門家会議では、上記3つの条件が当てはまる場所をできる限り避ける取り組みを国民一人一人が徹底することを求めています。

大規模イベントは引き続き「リスク判断して慎重な対応を」

政府が2月26日から要請していた大規模イベントの自粛の成果については、「その効果だけを取り出した『まん延防止』に対する定量的な効果測定をできる状況にはない」と言及しました。

その上でイベント開催でもっとも危険なのは、「全国から不特定多数の人々が集まるイベント」だとしています。

イベントがリスクの低い(先述の「避けるべき3つのシチュエーションではない場所」)場所で行われていたとしても、イベントの前後で人と人が交流する機会を制限できない場合は、急速な感染拡大を高めると指摘しています。

専門家会議では、イベント開催を検討する場合には以下の3つの「厳しい条件」を満たすことを提唱しています。

  1. 人が集まる場の前後も含めた適切な感染予防対策の実施
  2. 密閉空間・密集場所・密接場面などクラスター(集団)感染発生リスクが高い状況の回避
  3. 感染が発生した場合の参加者への確実な連絡と行政機関による調査への協力などへの対応を講ずることが求められる

<参照>

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 :「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020 年 3 月 19 日)

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに