2020年2月の訪日外客数、前年同月比58.3%マイナス:それでもインドネシア・フィリピン・ベトナム・豪州・ロシアは2月として過去最高(JNTO)

公開日:2020年03月25日

多くの市場で旅行を控える動き

日本政府観光局は3月20日、2020年2月の訪日外客数を発表。前年同月比58.3%の減少です。

新型コロナウイルス感染症の影響から、訪日のみならず多くの市場で旅行を控える動きが発生しています。

JNTO・2月の訪日外客数

JNTO・2月の訪日外客数

2月の訪日外客数は108万5,000人

2020年2月の訪日外客数は108万5,000人で、前年同月比58.3%の減少。前年2月の260万4,000人から約152万人下回る結果となり、これで5か月連続の減少です。

中国市場は前年同月比87.9%の減少、ほか東アジア4市場でみても71.9%の減少となりました。

昨年は2月に春節があったことから東アジア市場が活発でしたが、今年は1月であったことに加え、新型コロナウイルス感染症の流行も大きな減少につながりました。

中国市場は団体ツアーなどの販売禁止、台湾や香港でも訪日旅行のキャンセルや延期の動きが発生しています。

2月として過去最高を記録した市場も

そのほか東南アジアや欧米豪など一部の市場でも、前年同月比を20%以上減少していますが、一方でインドネシア・フィリピン・ベトナム・豪州・ロシアは、2月として過去最高を記録しました。

これらの市場でも、訪日旅行のキャンセルは発生していますが、前年より行っていたキャンペーンやプロモーションなどの効果が出ているものと推測しています。

(画像はPixabayより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://www.jnto.go.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。