【速報】小池都知事緊急会見「夜の接待飲食店は避けて」感染経路不明の患者急増の原因はバーやナイトクラブか

本日3月30日夜、小池東京都知事が新型コロナウイルス(COVID-19)に関する臨時記者会見を行いました。

臨時記者会見の速報をお伝えします。

感染経路不明の原因は夜の接待飲食店か

小池都知事は、引き続き感染拡大を抑えられるかどうかの重大局面にあるとし、今後も個々でできる対策と危機意識を持って欲しいと繰り返し要請しました。

特に感染確率が高まる3つの密(「密閉空間」「密集場所」「密接場面」)を避けて欲しいと訴えました。

3月30日時点で東京都内の新感染者は13名(累計443名)、回復者40名、死亡8名となっています。

感染者は海外からの帰国者、感染経路不明な患者が多いという特徴があります。

感染経路不明患者のうち夜間から早朝に営業しているバーやナイトクラブ、居酒屋などで感染した疑いが高いということがわかっています。

そのため、若者にはカラオケ、ライブハウスを、中高年者はバーやナイトクラブなど避けて欲しいと訴えました。

医療体制を確保

小池都知事は500床はすでに確保しており、今後感染者数が増加した時のために4,000床の確保を目標としていると述べました。

医療体制が逼迫した場合、無症状・症状が軽症の患者は自宅や宿泊施設での隔離を行えるように体制を整えたいとしています。

その上で個人個人が「密閉空間」「密集場所」「密接場面」を避けるように求めました。

さらに夜の接待飲食業や観光業など、新型コロナウイルスが原因で収入が減少している事業者への支援を強く国に求めると共に、東京都でも支援対策を検討していくとしています。

東京オリンピック・パラリンピックの日程決定

東京オリンピック2020大会の延期後の日程が、3月30日に決定しました。

IOC(国際オリンピック委員会)バッハ会長、東京都知事、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森会長、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当の橋本大臣の4者で電話会談を行い東京オリンピックは7月23日〜8月8日まで、パラリンピックは8月24日〜9月5日となりました。

小池都知事は安心・安全な東京2020大会を成功させるためには、見えざる敵である新型コロナウイルスに打ち勝つことが重要であり、IOCのバッハ会長とも共に頑張っていくことを確かめたとしています。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!