お目当ては国ごとに特徴あり「手羽先」「ひつまぶし」「味噌カツ」「エビフライ」「地酒」2019年末の愛知県インバウンド調査結果

公開日:2020年03月30日

中部国際空港を後にする外国人旅行者に聞き取り調査を実施

愛知県は3月23日、「愛知県訪日外客動向調査」の結果を発表しました。

同調査の期間は、2019年11月~12月のうち、9日間。中部国際空港 国際線制限エリアにて、中部国際空港からの出発便で出国する外国人旅行者(ビジネス目的を含む)より、聞き取り調査を行い、合計1,074サンプルを集計しました。

愛知県訪日外客動向調査

愛知県訪日外客動向調査

来県した人の半数以上が「初めて」

調査結果によると、来日回数について、全体で最も多いのは「5回目以上」の人で42.9%。一方、愛知県への来訪回数については、全体では「1回目」が58.3%を占めました。

また、県内での滞在日数の平均は「6.67日」。最も多い回答は「2日」で28.8%でした。

さらに、愛知県での航空賃を除いた旅行費用を尋ねたところ、最も多い回答は「10万円以上」で30.2%。土産代で最も多い回答は「1万円未満」で38.6%、飲食代で最も多い回答は「1万円以上3万円未満」で33.5%、宿泊代(1泊平均)で最も多い回答は「1万円以上3万円未満」で42.6%でした。

旅行形態では、「個人旅行(FIT)」で78.1%。「団体旅行」と回答した人の割合では、台湾、東南アジア、中国が、他の国や地域より高い様子が見受けられました。

県内の訪問先で最も多い回答は「名古屋駅周辺」で64.6%。食べた物・飲んだ物で、国・地域別に1位となった回答をみると、台湾、タイ、東南アジアは「手羽先」、中国、香港は「ひつまぶし」、韓国は「味噌カツ」、米州は「エビフライ」、欧州は「エビフライ」「地酒」と異なる結果となりました。

なお、県内で買い物をした場所は、「コンビニエンスストア」が64.9%。購入した物としては、最も多い回答が「菓子類」で、67.6%でした。

(画像はイメージです)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

愛知県 プレスリリース
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kanko/2019gaikyaku.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。