コロナ影響、2月は外国人延べ宿泊者数が4割減【観光庁、宿泊旅行統計調査:令和2年1月第2次・2月第1次速報】

観光庁は3月31日、宿泊旅行統計調査の1月第2次速報、2月第1次速報を発表しました。

2020年1月の全体の延べ宿泊者数は前年同月比9.6%増で、このうち外国人は前年同月比16.9%増となりました。一方、2月は新型コロナウイルスの影響で、特に外国人宿泊者が前年同月比40.4%減と大幅なマイナスになっています。

関連記事
【3月まとめ】新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者・ニュースを時系列で振り返り

1月はプラス/2月はコロナ影響し外国人4割減

1月の延べ宿泊者数は4,316万人でした。うち日本人延べ宿泊者数は3,345万人で前年同月比7.7%増、外国人延べ宿泊者数は970万人で前年同月比16.9%増という結果になりました。

一方2月は、全体延べ宿泊者数が3,812万人、うち日本人が3,320万人、外国人が492万人でした。特に外国人は前年同月比40.4%マイナスで、全体では4.3%のマイナスになりました。

この結果には、新型コロナウイルス感染症の影響が顕著に表れています。現在世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスは、昨年12月に中国国内において最初の感染者が確認されました。その後1~2月にかけてアジアで感染が拡大し、2~3月にかけては欧米諸国でも急速に感染者が増えていきました。

外国人延べ宿泊者数もそれに呼応するように、1月はほぼ影響がなかったものの、2月になると一気に減少しました。3月はさらに減ることが予想されます。

2月の客室稼働率8%マイナス

客室稼働率は、1月が54.0%で前年同月比0.8%のプラス、2月は53.0%で8.0%のマイナスとなりました。このうち、2月のシティホテルの客室稼働率が前年同月比マイナス19.2%と、大きく下がりました。

1月の外国人延べ宿泊者数:ベトナム8割増、韓国6割減

1月の国籍(出身地)別外国人延べ宿泊者数は、1位が中国、2位が台湾、3位が香港、4位が韓国、5位がアメリカで、これら上位5か国・地域で全体の70.7%を占めています。

なかでも韓国は4位に入ったものの、前年同月比61.5%マイナスという結果になりました。

6位以下の国々では、特にベトナムやマレーシアがそれぞれ前年同月比86.3%、61.5%増と大幅に拡大しました。ほか、イタリア、フィリピン、カナダ、スペインなどが前年同月比を大きく上回りました。


<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!