越境ECで日本商品の注文が増加!出荷先トップ3はアメリカ、香港、中国:衛生用品とアニメ・タレント関連グッズが売れ筋

オンラインで日本商品の注文が増加

株式会社ジグザグは、越境EC支援サービスを導入しているECサイトの2020年1~3月の売上高が、2019年7~9月に比べて143%上昇していることが分かったと4月23日に発表しています。

WorldShopping BIZチェックアウト

WorldShopping BIZチェックアウト

注文トップ3はアメリカ、香港、中国

同社は、越境EC支援の『WorldShopping BIZチェックアウト』を運営。売上高推移を調べ、分析しています。

それによると、2020年1~3月のEC売上高は、昨年7~9月と比較し、143%上昇しました。

出荷国・地域別をランキングにしたところ、1位は「アメリカ」、2位は「香港」、3位が「中国」。

4位は「台湾」、5位は「韓国」、ほか「オーストラリア」「シンガポール」「カナダ」「イギリス」「ドイツ」の順となっています。

「ウェブインバウンド」の需要

新型コロナウイルスによる影響により、オンラインサービスの需要で海外からの越境注文が増加しています。越境EC対応に乗り出している日本企業も増加傾向にあります。

売れ筋グッズとしては、「防じんマスク」「かぜ薬」「紙ナプキン」などの生活用品、「アニメ関連グッズ(国内アニメのコラボアパレル商品等)」「タレント関連グッズ(国内タレント写真集やCD等)」が人気があると報告しています。

(画像はプレスリリースより)

リピーターの醸成や次の集客に活かす!旅アトに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「越境ECサイト制作」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ジグザグのプレスリリース
http://www.zig-zag.co.jp/20200423-webinbound/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。