【速報】全世界から入国再開へ 来月1日から条件付きで:菅首相が表明、コロナ対策本部にて

公開日:2020年09月25日

菅首相は本日開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を開き、来週となる10月1日から全世界からの入国を一部条件つきで再開すると表明しました。

中長期の滞在者への入国条件を緩和 、観光客は除く

菅首相は、「世界各国地域からの新規入国について、一定の要件を課したうえで順次認める」とし、この措置について「10月1日から実施する」とも述べ、来週には観光客を除く中長期の滞在者の受け入れを再開することを決めました。

これまでは、ビジネスにおける長期滞在者を中心に入国緩和の対象にしてきましたが、今回のさらなる緩和によって留学や家族の滞在などについても対象を拡大する考えを表明しました。

また菅首相は合わせて検査体制の拡充についても言及し、「1日平均20万件の検査能力を速やかに確保する」と述べ、介護施設などへの一斉検査を実施する考えも強調しました。

画像引用元 ※一部編集部加工

【速報】「GoTo」イベント・商店街 10月中旬にも開始へ:「トラベル」は予定通り東京追加、10月から

日本政府は25日、菅内閣が発足して初となる新型コロナウイルス対策に関する専門家による分科会を開きました。そこで、新型コロナウイルスによって打撃を受けた業界を支援する「Go Toキャンペーン」事業の一環である「Go Toイベント」、「Go To商店街」事業を10月中旬から開始する方針を固めた模様です。また、「Go Toトラベル」事業の対象へ東京発着の旅行を追加することについては、予定通り10月1日から追加することも確認されました。目次感染対策徹底が前提 専門家の意見踏まえ「Go Toイベント...


全世界からの入国解禁へ、10月から:一日1000人、中韓台などは更に追加枠も 観光客除く

日本政府は10月初めに、全世界からの入国を一部解禁する方向で調整を進めていることがわかりました。関連記事台湾とのビジネス往来再開 8日から:中韓より先行 東アジアでは初目次10月初め、全世界からの入国を一部再開へ10月初め、全世界からの入国を一部再開へ一部の報道によると、日本政府は10月初めに、全世界からの入国を一部再開する方針で調整しているといいます。現在日本政府が入国制限対象としているのは、世界の159カ国・地域となっており、これらの国・地域で過去2週間滞在歴のある外国人は原則入国を拒...

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!