全世界からの入国解禁へ、10月から:一日1000人、中韓台などは更に追加枠も 観光客除く

公開日:2020年09月23日

日本政府は10月初めに、全世界からの入国を一部解禁する方向で調整を進めていることがわかりました。

関連記事

台湾とのビジネス往来再開 8日から:中韓より先行 東アジアでは初

10月初め、全世界からの入国を一部再開へ

一部の報道によると、日本政府は10月初めに、全世界からの入国を一部再開する方針で調整しているといいます。

現在日本政府が入国制限対象としているのは、世界の159カ国・地域となっており、これらの国・地域で過去2週間滞在歴のある外国人は原則入国を拒否しています。

これまで日本政府は入国緩和をめぐり、中国、韓国、台湾などの感染状況の落ち着いている16か国・地域との間で、ビジネス上の往来再開について交渉してきました。

そのうち、タイ、ベトナム、台湾、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマーの7か国・地域との往来については7月末より一部再開となっていました。

一部再開となった対象は、企業の駐在員や技能実習生などの長期滞在者です。

これまではビジネスにおける長期滞在者を中心に入国緩和の対象にしてきましたが、新たな緩和のもとで、これまで協議してきた16か国・地域を含め、全世界からの「ビジネス」「医療」「教育」など3か月以上の中長期滞在の在留資格を持つ外国人の入国が認められることになります。また、外国人留学生の入国も全面解禁される見通しです。

入国の受け入れ人数については、全世界からの入国数を「1日1,000人」としていますが、この枠とは別に感染状況が落ち着いている16か国・地域に対しては、最大「1日1,600人」程度の入国枠を設ける方針としています。

なお、入国緩和対象はビジネス以外の中長期滞在と一部の短期滞在まで拡大していく予定ですが、現時点では観光客は除外されます。

また、出入国時の検査で陰性を確認し、入国後は14日間の自宅などでの待機を求められます。

7月の免税売上31億まで回復も前月比微増、入国制限緩和で大幅回復なるか【日本百貨店協会】

8月21日、日本百貨店協会・インバウンド推進委員会が、2020年7月免税売上高・来店動向の速報を発表しました。新型コロナウイルス感染拡大による入国拒否の影響は続いており、7月の訪日外客数は前月6月より1,200人増加したものの、3,800人にとどまりました。また、免税総売上高も前年同月比88.7%減、購買客数は同97.0%減と入国制限による多大な影響を受けています。6月よりも免税総売上高、購買客数ともに回復傾向にありますが、6か月連続で前年同月比を下回りました。一方で、現在各国と入国制限緩...

東京五輪は「コロナがあろうと開催する」再延期や中止の見方示さず IOCコーツ調整委員長

来年7月23日に延期された東京オリンピックについて、IOC(国際オリンピック委員会)のジョン・コーツ調整委員長は7日、「新型コロナウイルスの有無にかかわらず開催する」と考えを明らかにし、再延期や中止はないと述べました。関連記事東京五輪 国内「開催してほしい」64.7%目次「五輪はコロナを克服した大会になる」「五輪はコロナを克服した大会になる」コーツ調整委員長は「東京オリンピックは新型コロナウイルスを克服したものになる」と、予定どおりの開催に対し前向きな姿勢を示しました。一方、コーツ調整委員...

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!