台湾とのビジネス往来再開 8日から:中韓より先行 東アジアでは初

公開日:2020年09月02日

茂木敏充外相は9月1日の記者会見で、台湾やマレーシアなど5か国・地域を対象に9月8日から出入国制限を緩和し、一部往来を再開すると発表しました。

現在、タイとベトナムとは7月29日からビジネス上の往来が再開されていますが、東南アジア以外の国を緩和対象にしたのは台湾が初めてです。

8日から、台湾やマレーシアなど5か国と一部往来再開へ

茂木敏充外相は9月1日に、台湾と東南アジアのマレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマーの計5か国・地域との往来を8日から一部再開と発表しました。

企業の駐在員や技能実習生などの長期滞在者が対象です。

出入国時の検査で陰性を確認し、入国後は14日間の自宅などでの待機を求められます。

長期滞在者の往来はすでに7月末にタイとベトナムとの間で再開されています。

東南アジア以外で台湾が初めて

7月22日、政府は渡航制限の緩和について、中国や韓国、台湾など12か国・地域とのビジネス目的の往来再開に向けて協議を開始すると表明しました。

今回の措置は中国と韓国より、台湾が先行することになりました。

これについて台湾の外交部(日本の外務省に相当)は「台湾の新型コロナウイルス対策の成果が日本政府に評価された」とコメントしています。

ついに外国人の入国開始が視野に 訪日ビザ申請受付&8月5日より再入国が開始

7月30日、全国の新型コロナウイルスの新規感染者数は、これまでで最多となる1301人を記録しました。新型コロナウイルス収束のめどが依然として立たない中、日本政府は、外国人の入国開始に向けて動きを進めています。7月30日からベトナム・タイからの長期滞在者向けに訪日ビザの発給を開始したほか、8月5日からは在留資格を持つ外国人の再入国が可能となります。目次ベトナム人とタイ人向けの訪日ビザ発給を開始来月5日から 在留資格もつ外国人の再入国可能に空港検疫の体制、今後の見通しは?ベトナム人とタイ人向け...


7月の免税売上31億まで回復も前月比微増、入国制限緩和で大幅回復なるか【日本百貨店協会】

8月21日、日本百貨店協会・インバウンド推進委員会が、2020年7月免税売上高・来店動向の速報を発表しました。新型コロナウイルス感染拡大による入国拒否の影響は続いており、7月の訪日外客数は前月6月より1,200人増加したものの、3,800人にとどまりました。また、免税総売上高も前年同月比88.7%減、購買客数は同97.0%減と入国制限による多大な影響を受けています。6月よりも免税総売上高、購買客数ともに回復傾向にありますが、6か月連続で前年同月比を下回りました。一方で、現在各国と入国制限緩...


【新型コロナ海外まとめ7月】 香港、インド、アメリカ、ブラジルで感染拡大、バリ島で9月から外国人観光客受け入れ開始予定

8月2日、日本全国の新型コロナウイルスの感染者数は1,332人となり、5日連続で1,000人を超えました。感染拡大に歯止めがかからず、依然警戒が続く中、海外の多くの国・地域でも感染拡大が確認されています。この記事では、7月6日から7月31日ごろまでの世界各国の動きについてまとめてご紹介します。【関連記事】【新型コロナ海外まとめ】アメリカ、ディズニー再開延期に【新型コロナ海外まとめ】EUやモルディブで観光再開に向け入国規制緩和【新型コロナ海外動向まとめ】アメリカ・中国・ドイツで感染拡大目次【...

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!