東京五輪は「コロナがあろうと開催する」再延期や中止の見方示さず IOCコーツ調整委員長

公開日:2020年09月08日

来年7月23日に延期された東京オリンピックについて、IOC(国際オリンピック委員会)のジョン・コーツ調整委員長は7日、「新型コロナウイルスの有無にかかわらず開催する」と考えを明らかにし、再延期や中止はないと述べました。

関連記事
東京五輪 国内「開催してほしい」64.7%

「五輪はコロナを克服した大会になる」

コーツ調整委員長は「東京オリンピックは新型コロナウイルスを克服したものになる」と、予定どおりの開催に対し前向きな姿勢を示しました。

一方、コーツ調整委員長は開催時に参加国のなかに新型コロナウイルスの流行を制御できない国もあると想定し、選手の受け入れをはじめ、日本側にとってさまざまな感染対策を講じる必要があると述べました。

この発言について、政府関係者は「安心で安全な大会が実現できるよう、IOCや東京都など関係機関と緊密に連携して準備を進めていきたい」とのコメントを発表しました。

東京オリンピック 開会式まであと1年:3月末~7月の関連トピックスまとめ

2020年7月22日の今日は、本来なら当初予定されていた東京オリンピックの開会式にあたる日です。大会のための特別連休により、いっそうオリンピックを強く意識する人もいるのではないでしょうか。今回は、2020年の東京オリンピックの中止決定まで、そして決定後の4か月の流れを振り返ります。目次東京オリンピック開催決定後も、平坦ではなかった道のり新型コロナウイルスの流行、ロンドンが開催地として名乗りをあげる出来事も3月24日、まさかの延期が決定6月「簡素化」検討の報道関係者の「再延期の可能性への言及...

コロナ禍までのインバウンド業界を振り返る:2019年まで訪日外国人が増えていた理由・今後の展望について紹介

近年、国内の主要な観光地には、多くの外国人観光客が訪れています。インバウンド需要の拡大はめざましく、昨年2019年の訪日外国人客数は3,188万人と、過去最高値を記録しました。しかし、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて日本政府が入国制限の措置を講じた影響で、2020年4月の訪日外国人客数は2,900人にまで落ち込んでいます。この記事では、インバウンドの概要や需要拡大の背景、コロナウイルス収束後の展望について解説します。関連記事業種別に見るインバウンド対策事例集インバウンド対策にお...


インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!