【レポート無料】あの地方自治体はどんなキャンペーンを行なっている?地域の魅力を軸とした独自観光支援策まとめ

公開日:2020年10月23日

Gotoトラベルキャンペーンは、国によるGoto事業の一つです。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により経済的な打撃を受けた事業者の支援、国内観光などの需要喚起を目的として、他のGoto事業に先行して開始されました。

今回のレポートでは、「Gotoキャンペーンとは」「マイクロツーリズムとは」「各自治体・団体における独自観光支援策」についてそれぞれまとめています。「自治体独自の観光支援キャンペーンまとめ(完全版)」(無料)をご希望の方は、下記フォームにて必要事項をご記入ください。

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

各自治体で近距離旅行を盛り上げる動き

「自治体独自の観光支援キャンペーンまとめ」レポートでは、Gotoトラベルの概要にふれた後に、マイクロツーリズムのポイントや事例、各自治体で実施されている独自の観光キャンペーンについてエリアごとにまとめています。


▲[自治体独自の観光支援キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

Gotoトラベルキャンペーンとは

前半では、政府によるGoto事業の概要、他のGoto事業に先駆けて開始されたGotoトラベルキャンペーンの解説、現時点での利用状況や課題をまとめています。

▲[自治体独自の観光支援キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート
▲[自治体独自の観光支援キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

マイクロツーリズムとは

次に、星野リゾートが提案する新たな旅のカタチとして注目されている「マイクロツーリズム」の概要とポイントをまとめています。
▲[自治体独自の観光支援キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート
▲[自治体独自の観光支援キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

各自治体・団体における独自観光支援策

最後に、各自治体・団体において行われている独自の観光支援策の事例をエリアごとにまとめています。キャンペーンの適用対象を地元や周辺エリアの住民に絞っているものに限定しています。

※現時点でキャンペーンが終了または変更となっているものもありますのでご注意ください。

▲[自治体独自の観光支援キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート
▲[自治体独自の観光支援キャンペーンまとめ]:訪日コムレポート

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

地元の人にとっても魅力的な観光地を目指して

10月に入り、全世界を対象とした入国制限の緩和や危険情報レベルの引き下げが検討されるなど、各国との往来再開の動きが活発になってきました。しかしながら、段階的に勧められていくことから、観光客が戻ってくる見通しは未だ立っていません。

そうした中で、マイクロツーリズムの提唱や各自治体おける独自の旅行需要喚起策によって、観光業や地域の経済回復に向けた動きが各地でみられました。業界全体が苦境に立たされている観光業ですが、以前は地元での観光・消費に目が向かなかった人にも、改めて地域の魅力をアピールしやすい機会であるとも捉えられます。

アフターコロナ・ウィズコロナの需要回復期に向けた準備としても、「地域の魅力」を軸としたプロモーションを進めることが重要だといえます。

「資料完全版(無料)を希望の方はこちら」

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!