観光庁、県内旅行1人1泊5,000円まで補助 感染状況落ち着いている都道府県が対象

都道府県が行う県内旅行の割引事業を財政的に支援へ

観光庁が、各都道府県が行う都道府県内旅行の割引事業を、財政的に支援する「地域観光事業支援」の実施を決定したと、3月26日に発表しました。

「地域観光事業支援」は、新型コロナウイルスの感染拡大状況が落ち着いているステージ2相当以下の都道府県が行う都道府県内旅行の割引事業に対し、観光庁が希望する場合にクーポン券などの付与のために必要な費用を支援していきます。

地域観光事業支援

地域観光事業支援

1人1泊当たり5,000円を上限とした補助金を交付

「地域観光事業支援」では観光庁が都道府県に補助金を交付し、各旅行事業者・宿泊事業者・OTA(宿泊予約サイトを)が、居住地と同一都道府県内の旅行をする人に割引価格で提供するといった事業スキームとなっています。

国は1人1泊当たり5,000円・商品代金の50%を上限に支援。また、クーポンなどで土産物屋や飲食店、公共交通機関といった地域の幅広い産業に裨益する支援を行う場合は、1人1泊当たり2,000円を上限に、補助金を追加交付します。

4月1日以降、準備が整った都道府県から同支援を実施し、5月31日宿泊分(6月1日チェックアウト分)まで支援。同支援の予算規模は、総額およそ3,000億円になる予定です。

(画像は観光庁 ホームページより)

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

▼外部リンク

観光庁 プレスリリース
https://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000503.html

観光庁 地域観光事業支援について
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001396281.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。