シンガポールと香港、「隔離なし」の往来再開 5月26日から

シンガポールと香港は、2021年5月26日より、2国間で自己隔離免除の往来を再開します。

新型コロナウイルス感染症のCPR検査の陰性が証明されていることを条件に、観光やレジャーを含むあらゆる旅行者が対象となります。

※香港居住者には、2回のワクチン接種が義務付けられています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

シンガポールと香港間で隔離なしの入国が可能に

4月26日、シンガポールと香港は、二国間の「トラベルバブル」5月26日より開始すると発表しました。これにより、両国に居住するすべての旅行者は、入国後の自己隔離が免除となります。

当初、本計画は、2020年11月に開始予定でしたが、香港で新型コロナウイルス感染者が増加したことを受けて延期されていました。

シンガポール航空による「トラベルバブル」開始

トラベルバブルは、まず1日1便から、片道最大200人を対象として開始されます。

利用に際しては、シンガポール航空による指定のフライトの出発72時間前にCPR検査を受け、陰性証明を提示することが条件となっています。また、香港居住者に対しては、シンガポールへの渡航14日前までに2回のワクチン接種を済ませておくことも求められます。

旅行の目的は不問となっており、両国間の観光目的での往来も可能です。

5月26日のフライトを皮切りに、5月は、シンガポール発香港着は4便、香港発シンガポール着は3便が予定されています。6月は両国ともに2日、4日、7日が発表されており、6月9日以降は毎日運航するとのことです。

なお、シンガポールまたは香港の国内の感染症拡大状況が悪化した場合、「トラベルバブル」は中断となる予定です。その指標として、両都市の1日あたり感染者数の7日間移動平均(市中感染を除く)が5人を超えた場合が設定されています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参考>

・ロイター通信:香港とシンガポール、隔離なしの往来を5月26日から開始

・Singapore Airlines:Singapore – Hong KongAir Travel Bubble (ATB)   

 ・Hong Kong Tourism Commission :Hong Kong Singapore Air Travel Bubble

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!