ファイザー製ワクチン、すべての五輪選手団に提供へ 菅首相との電話会議の末IOC発表

国際オリンピック委員会(IOC)は2021年5月6日、東京五輪・パラリンピックに参加する選手団のため、米製薬大手ファイザーと独製薬企業ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチンの寄付を受けると発表しました。

なお、IOCは参加者のワクチン接種を義務付けていませんが、渡航前の接種を推奨しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

東京オリンピック、選手団にワクチン提供

ファイザーとビオンテックは、ワクチンについて5月末にも供与を始め、日本への渡航前までに2回の接種完了を目標にしていることを発表しました。

今後、IOCとファイザーが各国・地域のオリンピック委員会(NOC)と協議し、日本人選手を含むすべての選手に対し、必要とされるワクチン量を提供する見通しです。

東京大会は五輪、パラリンピック合わせて約1万5,000人の選手の参加が見込まれています。

なお、IOCは、これまで大会に参加する選手らに中国製ワクチンを提供する方針を明らかにしていました。

ファイザー製ワクチン決定への背景

ファイザー・ビオンテック製のワクチンは、これまでに4億3,000万回分超が世界91カ国・地域に供給されています。両社は2021年に25億回分、22年には30億回分を生産する見通しです。

また、今回のワクチン供与が世界への供給に影響を与えることはないとしています。

ファイザーのブーラCEOは4月中旬に菅義偉首相と電話協議をしており、この際に東京五輪の選手団にワクチンを提供することを打診したとされています。

日本国内では同ワクチンは2021年2月に承認されており、現在国内で唯一接種できるワクチンです。

全選手団へのワクチン接種により、安全に東京五輪が行われるのかどうかが焦点となりそうです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
時事通信:五輪選手団にワクチン提供へ ファイザー製、IOCが発表
日本経済新聞:ファイザー、東京五輪選手団にワクチン供与 IOCと合意
読売新聞:IOC、五輪選手にファイザー製ワクチン提供…小池都知事「必要な措置」

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!