G20観光大臣会合、コロナ禍からの持続可能で強靭な回復へ向けて宣言とガイドラインを採択

2021年5月4日、G20観光大臣会合(テレビ会合)が実施されました。

会合では、新型コロナウイルス感染症により打撃を受けた観光産業の持続可能で強靭な回復に向けての議論が行われ、G20観光大臣宣言ガイドラインが採択されました。

G20 観光大臣会合開催、観光大臣宣言とガイドラインを採択

5月4日に、G20 観光大臣会合がテレビ形式で実施されました。

観光庁は、6日に実施結果を発表し、会合で「G20観光大臣宣言」及び「観光の未来に関するG20ローマガイドライン」が採択されたことを詳細と共に公表しました。

G20 観光大臣会合開催がテレビ形式で開催

2021年5月4日、オンラインによるG20 観光大臣会合が行われました。会合の開催概要は以下の通りです。

  • 開催日時:2021年5月4日(火)19時30分~22時40分(日本時間)
  • 参加国等:G20(日本、イタリア(議長国)、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、EU、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、メキシコ、韓国、ロシア、南アフリカ、トルコ、イギリス、アメリカ、サウジアラビア)、シンガポール、スペイン、オランダ、コンゴ、ブルネイ、国際労働機関(ILO)、イスラム開発銀行(ISDB)、経済協力開発機構(OECD)、世界観光機関(UNWTO)、世界貿易機関(WTO)、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)
  • 日本出席者:小林国土交通大臣政務官
  • テーマ:包摂的、強靱かつ持続可能な旅行と観光の回復
G20 観光大臣会合の様子
▲G20 観光大臣会合の様子:観光庁報道資料より引用

引用元:観光庁報道資料

「G20観光大臣宣言」、「観光の未来に関するG20ローマガイドライン」を採択

会合について、観光庁は6日に詳細を報告しました。会合では、議論よりG20観光大臣宣言」及び「観光の未来に関するG20ローマガイドライン」が採択されたとのことです。

G20ローマガイドラインは、OECDが、議長国であるイタリア政府と調整のうえ作成したものです。

各国の主な課題等を整理するとともに、求められる行動に関するガイドラインを示しており、イタリアのアジェンダの柱(人々、地球、繁栄)を踏まえ、合計7つの政策分野から構成されています。政策分野は以下の通りです。

  1. 安全な移動: 安全な国際移動のための信頼を構築し、安全な国際的な移動のイニシアチブを支援、補完、調整できるようにする
  2. 危機管理: 将来の危機が観光に与える影響を最小限に抑える
  3. 強靱性: 不確実な時代における頑強で安定した観光セクターの確保
  4. 包摂性: コミュニティの関与と観光がもたらす恩恵の拡大
  5. グリーントランスフォーメーション: 世界および地域の環境を維持するための観光のマネジメント
  6. デジタル化: 観光に携わる関係者全員がデジタル化による恩恵を十分に受けられるようにする
  7. 投資とインフラ: 観光の持続可能な未来へのリソースの集中

なお、日本の出席者、小林国土交通大臣政務官は、会合にて今回の宣言及びガイドラインを支持するとともに、あわせて東京五輪の機会に魅力ある地域の情報等を発信していく旨も紹介したとのことです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参考>

観光庁G20 観光大臣会合で大臣宣言とガイドラインを採択~包摂的、強靭かつ持続可能な観光の回復に向けた決意を表明~

・トラベルボイス:G20観光大臣会合、持続可能な観光回復へ国際連携を議論、観光大臣宣言とガイドライン採択

・トラベルWatch:コロナ禍を強靱で持続可能・包摂的な観光へ転換する機会に。G20観光大臣会合で宣言とガイドラインを採択

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!