ドラキュラ城で無料ワクチン接種|ルーマニア、観光地でもワクチン接種進む

ルーマニアでは、吸血鬼ドラキュラの城のモデルとして有名なブラン城において、訪れた観光客に新型コロナウイルスのワクチンを無料で接種するサービスが行われています。

ルーマニア、観光地でワクチン接種進む

ルーマニア政府によると、ルーマニアでは1回目のワクチンを接種した人が378万9,351人います。

2021年5月14日現在、首都ブカレストでは国立図書館などの主要施設で週末のみ24時間態勢で接種を行っています。

また政府が主導するワクチンキャンペーンの一環として、地方での接種を推進するため、ルーマニア中部でのブラン城で接種が行われています。

14世紀に建てられたブラン城は、作家ブラム・ストーカーが小説「ドラキュラ」に登場する城のモデルにしたとされることで有名です。

ブラン城では、八重歯を注射器に見立てた横断幕が掲げられ、医師や看護師がファイザー製ワクチンの接種を担当しています。

接種者には、「胆力と責任感」をたたえる証明書と「拷問部屋」の無料ツアーが提供されます。

ただし在ルーマニア日本大使館によると、ワクチンを接種していない外国人観光客については、入国時に2週間の隔離が必要となります。

アメリカでも、アメリカ自然史博物館など観光地においてワクチン接種が進んでおり、こうした取り組みが世界でも広まるのか、注目が集まりそうです。

関連記事
NY、観光客にワクチン無料提供を検討|背後に「ワクチン余り」の影響か

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
AFPBB:ドラキュラ城でワクチン接種、牙の代わりに注射針を
REUTERS:ドラキュラ城で無料ワクチン接種、観光呼び込みに ルーマニア
在ルーマニア日本大使館:新型コロナウイルス感染のルーマニアにおける現状等について
ルーマニア政府:2021年5月13日のワクチン接種状況(ルーマニア語)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!