【国内最古の文化遺産】北海道・北東北の縄文遺跡群世界文化遺産登録へ

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は2021年5月26日、青森市の三内丸山遺跡など17遺跡で構成する「北海道・北東北の縄文遺跡群」を世界文化遺産に登録するよう勧告しました。

5月10日には奄美大島・沖縄が世界自然遺産登録への勧告を受けており、いずれも登録が決まれば日本の文化遺産は20件、世界遺産は5件になる見通しです。

関連記事
【10年ぶりの国内世界遺産】奄美・沖縄が7月に世界自然遺産登録、ユネスコが正式決定

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産に

ユネスコの諮問機関「イコモス」は、北海道・北東北に点在する縄文遺跡群を、4段階ある評価のうち最も高い、世界遺産に登録することがふさわしいとする「記載」の勧告をまとめました。

国内の世界文化遺産として先史時代は初めてで最も古い文化遺産です。

国は、狩猟や採集、漁を基盤に人々が定住して集落が発展し、1万年以上続いた「縄文時代」の生活や精神文化を現代に伝えるもので普遍的な価値があるとして2021年の登録を目指しています。

文化庁は、5月26日記者会見を開き、「わが国の貴重な文化遺産が国際的に高い評価を受けたことを喜ばしく思うとともに、地元の関係者の方々の努力に敬意を表したい。農耕以前に狩猟や採集を中心とした生活がこれほど長く続いていた点に価値があると伝えてきたので、そこがよい評価を得られてよかった」と発表しました。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」とは

北海道・北東北の縄文遺跡群は、北海道、青森県、岩手県、秋田県に点在し、17の縄文遺跡から構成されています。

このうち「学術上の価値が特に高い」と評価されたのは青森県の「三内丸山遺跡」と秋田県の「大湯環状列石」です。

三内丸山遺跡は東京ドームおよそ9個分にあたる広さ42ヘクタールの大規模な集落跡で、縄文時代の建築技術を示す「掘立柱建物」のほか、「竪穴建物」などが計画的に配置されています。

「大湯環状列石」は「秋田のストーンサークル」と呼ばれ、大小の石が配置された最大径が52メートルと44メートルの2つの環状列石などからなる祭祀遺跡です。

その他の遺跡については以下に列挙します。

北海道:「北黄金貝塚」、「大船遺跡」、「垣ノ島遺跡」「入江貝塚」「高砂貝塚」「キウス周堤墓群」

青森県:「三内丸山遺跡」、「大平山元遺跡」「田小屋野貝塚」「二ツ森貝塚」「小牧野遺跡」「大森勝山遺跡」「亀ヶ岡石器時代遺跡」、「是川石器時代遺跡」があります。

岩手県:「御所野遺跡」

秋田県:「大湯環状列石」、「伊勢堂岱遺跡」

これらの遺跡群は、2005年に青森県が県内8つの遺跡を国内の推薦候補に提案しましたが見送られていました。

その後、2009年に北海道と岩手県、秋田県と共同提案して、国内の世界遺産推薦候補の前提となる「暫定リスト」に掲載することが決まりました。

政府は2020年、世界文化遺産への登録を目指して推薦書をユネスコに提出し、今回の勧告へとつながりました。

2021年、世界遺産に登録されることで、北海道・北東北の観光促進につながると期待されます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
文化庁:「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産推薦に係る推薦書のユネスコへの提出について

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに